井上雄彦 「スラムダンク」完全版 全24
来た…。
私の青春時代(12才~現在)に幾度となく読み返し・落涙を強いた名作が。
ご存知、高校バスケマンガの金字塔といえる作品。

今まで50人の女子にフラれてきた不良桜木が、高校で出会った赤木晴子に
一目ぼれし、彼女に気に入られようとノリではじめたバスケットに
いつしか夢中になっていく…と。
あらすじだけだと本当に単純な話なのね。スポーツマンガにしても珍しいほど。
ただその中で出会う面々(猿多し)の造詣の深さ、バスケを通しての桜木の変化、
そしてきっと経験者にしか描けない複雑なバスケシーンの上手さが、この作品を
他と並びつかないものにしているんだと思う。
まあストーリーは、回想を多様しすぎて技がないとかゆう意見もあるけど、それでも
いいと思うんだよ。それに後になるにつれ、
そういう違和感はどんどんなくなってくるし。
晴子の一声目「バスケットはお好きですか?」に対して最終巻で桜木が「大好きです」と
答える長い伏線、素晴らしいよ。読者も一巻のことなんて忘れてるから、告白されたのかと
思ってドキっとしちゃうわけです。

あー好きすぎてどんな感想を書いていいやら分からないや。

あそーだ、最後にひとこと。
去年あたりからメガネ男子がブーム(もう終わった?)だったみたいだけど、
わたしは木暮さんほどナイスメガネな男前は知らない!真山(ハチクロ)も好きだけど、やはりメガネ君が一番すきだ!

まごうかたなき5点!!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-16 20:51 | 作者名 あ行 25件
<< 井上雄彦 「バガボンド」 1~23 石川雅之 「もやしもん」 1~3 >>