今市子 「楽園まであともうちょっと」 全3
借金取り浅田君とそのお客、旅行会社社長川江のラブストーリー。
それだけでも珍妙だけど、二人は男同士(あ、やっぱし)。
浅田君はローン会社社長の菊池と付き合ってるし、菊池には奥さんがいる。
川江は別れた奥さん小百合と暮らしてる。
川江の昔の男も山から下りてきて(…)もう六角関係!?

「大人の問題」にみるような、複雑に絡まった人間関係からストーリーが
紡ぎだされていくタイプの作品ですな。

でも単なるドタバタコメディーに終わっていないのは、キャラクターの
書き込みの深さもそうだし、設定がよく生きてる。
この作品の流れを進める装置は、サラ金のほかにもうひとつ、山登り。
川江に連れられてモニターとして参加させられた浅田君が、山に登ることで
かたくなだった表情をやわらげる。
やくざの争いになぜか山登りツアーで決着をつけることになったが、
なんだかんだのうちに解決。
普段金にしばられている人々が無心で山に登ることで解放されて、
ようやく素直な心に気付くという展開が、三巻ラストまでずーっと一貫されている。
やっぱりただのBLではない。

あ、でもわりときわどい描写もあるので苦手な人は気をつけて。4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-04 22:29 | 作者名 あ行 25件
<< 石田敦子 「アニメがお仕事!」... 今市子 「百鬼夜行抄」文庫 1~8 >>