石田敦子 「アニメがお仕事!」 1~4
五十音順が微妙に前後したのは最近買ったマンガだから。
今年の文化庁メディア芸術祭(2回行った。死)で推薦賞かなんか
取ってて、その場で立ち読みして気に入ったので。

双子のアニメーターの奮闘記。周囲の偏見や親の反対を受けながらも
憧れだった仕事を胸を張ってやる二人に感動させられます。
著者は元アニメーターだったというだけあり(というかそうでなかったら描かないか)
この業界の深部まで描かれていて、それだけでも唸るものがあるけど、
双子の姉・イチ乃と弟・二太の専門職社会でもまれていく様が
業界など超えた共感を生むのだと思う。
特に、2巻終りから3巻にかけての二太の挫折。焦りと過信の故の失敗。
そこから這い出すまでの長い葛藤は、どうにもリアルで胸が痛い。
うーむ。傑作の匂いが。

他、二人の広島弁や、イチ乃の野球語りなど、ちょいちょいすてきなエッセンスが。
あ、あと掲載雑誌のせいかな、イチ乃が巨乳です。

タイトルに恥ずかしがらず、読んだら勝ちだ、4点。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-06 23:59 | 作者名 あ行 25件
<< 久保帯人「BLEACH」 1~24 今市子 「楽園まであともうちょ... >>