羽海野チカ 「ハチミツとクローバー」 全10
ふわふわなだけじゃない。辛みとしょっぱみを糖コーティングしたバランス感覚が絶妙。

これ気になってから読むまでけっこう長かったんだよな。
だって帯に「トキメキ☆逆走ラブ・ストーリー」とか書いてあるし…。
他、「登場人物全員片思い」とか「2つの三角関係」とか、あううってなる単語がいっぱい。
でもここまで人気になってるからには面白くないわけもないし。なにより某ナホコ氏が
他ブログで褒めていたのがきっかけで、読んだ!ようやく!

そしたらやっぱ、読まず嫌いだった。

物語は序盤、美大と寮を舞台にした若者達の青春コメディーの様相。
美大だけに(?)変態的な先輩やら、鉄腕の美女やらが時に騒々しく時に切なく
物語を進めていく。主人公のひとり、はぐちゃんもわりとマスコット的な位置付け。
どこから、というわけでもないけどあえて言うなら真山が社会人になってから、
小さいところをくるくる回っていたようだったこの物語が、大きく走り出したなーと
感じた。もちろん作者の狙い通りだろうけど。
登場人物それぞれ(森田さん以外)が社会とかかわりだして確固たるものを
持たない自分に不安を抱き、それに恋の悩みがあいまって、不安定ながら何かを
掴もうともがく。
時にそのこっぱずかしさは、見るものをもだえさせるけど、同時に共感せずにはいられない。
ちくしょう、あゆみ、いじらしいぜ。

青春スーツを脱げたと思ってる人、読んでみよう。もう一度着れるよ。
その他、細かいことはMoreに!
(2006年5月 記す)

-------------------------------------------------------------------------

そして、2006年10月、10巻にて完結。
文字通りハチミツとクローバーで締めくくった、どこまでも見事な最終回だった。
以下、いつも以上にネタバレ。

はぐみの手の怪我から一気に物憂いムードになっていったけど、
それを通過してみんなが自分は何をしたいのかを考えるようになる展開がイイ。
で、最終的にはぐちゃんは先生と共に生きることを選び、それをお願いするというのは、
少々びっくりしたのだけど、きれいごとばかりじゃなくて、結果かなりよかったなと思った。
安易にはぐちゃんが恋愛に走ったり、実は先生のことを愛してしまった(まあ好きでは
あるんだけど)とかさぶい流れじゃなくて、絵を描くために、治療のために必要だから
一緒にいてくださいっていうストレートさが、潔くて感動した。
花本先生はリカとの共生でもそうだったけど、自分以外のものを一番愛している人も
心から大事にできる。なんて大きな人間なのだろう。作中で一番すきかもな。

あゆみと野宮も大いに見所でした。長くなるのはアレなんですっきりまとめると、
野宮のひとりSMっぷりと、横浜の名所大桟橋でのストレートラブにじーんときた。
というかんじ。

そして最終回は影の薄い主人公が竹本君がちゃんと締めてくれました。
泣かしてくれました。
 「オレはずっと考えてたんだ うまく行かなかった恋に意味はあるのかって
 消えて行ってしまう もの は 無かったものと同じなのかって…
 今ならわかる 意味はある あったんだよここに」
ひとりの未熟な少年が、恋をし、相手を思うことで自分自身をも見つめ、
からっぽではないかと不安になり、失敗しながら成長するという
普遍的な物語だったことが分かった。

基本的に最終巻に番外編や、ましては別作品が入ってくるのは嫌。
だけど、「ウミノとゆかいななかまたち ハチクロ☆フィナーレ編」は
本編ばりにG☆Jだった。
長年読み続けて、生活を共にしてきたようなマンガがある。
ある日物語が終わりを迎えて、これ以上先を教えてくれなくなる。
取り残されたような気分だ。立ち直るのに数日を有するほどの作品もある。
でもそれは作品を作ってる本人が誰よりも強く感じることなんだな。
喪失感を乗り越え次作へ続ける。そのパワーを本当に尊敬します。そして感謝します。
ありがとう。

前回の好き度を改定します。5点。

ライフログ、最終巻に変更。



他にも言いたいことはいーぱいある。
絵の面では、まずコマ割の秀逸さを挙げたい。
この奔放な画面構成、少女マンガの手法の究極系かもしれん。というとおおげさだけど、
枠の中のみで語る少年漫画のフォーマットと違い、枠線でさえなにかを訴えかけてくる。
それにポップな絵柄がよく合っている。
ポップな絵柄といえば、私は1巻表紙が好きで、この色合いとのっぺりした
アクリル系(確証なし)の重みがたまんないんだけど、このマットな紙質にマッチしていて
いいんだな~。…紙まで語るようになったぞついに。だからMoreに書いたんだ。

あとキャラクター、野宮さんが好きだ。
山田に惑わされていつの間にか青春スーツを再装着。
「君がぺちゃんこになった頃に現れて、もっともらしい顔で君のハナシをきいて
やさしいコトを言ったりちょっと叱ったりするだけでいい」
とか考えてたくせに。
クールなメガネが赤面すると、それだけでいい絵になるよね。

他、変人森田さんが山田と二人のときはわりとまともで、だれよりも心を分かったような
言い方をするんだよね。「バカだな、お前。泣くぞ?」
この二人の友情、深くは語られないけど、好きだ。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-08 18:08 | 作者名 あ行 25件
<< 木原敏江(原作A&Sゴロン) ... 岸本斉史「NARUTO」 1~34 >>