奥浩哉 「GANTZ」 1~19
奇妙なテンポ、異様な設定、執拗なエロ。

まだ謎が全然収集されてない段階なので、あんまり説明くさいこと書くのやめよ。
連載中でアレだけど、この作品の一番の盛り上がりは6巻~10巻かと!

6巻てのは仏像編がはじまるところなんだけど、それまでダメダメだった玄野が
GANTZの世界で戦いという居場所を見つけてしまい、増長していくのよね。
しかし、自分の驕りのせいで仲間が死に、ようやく自分にとって本当に大事だった
ものに気付く。
ひとり生き残った玄野は無気力に生活を続けていたけど、罰ゲームで付き合うことになった
地味な女子・小島といつしか心を通わせるようになり、こんどこそ大事なものを護ろうと
決意をする。

10巻ラストで、小島が幻想だったという夢を見て涙を流す玄野が本当に切なくて、
目が覚めてほっとしてまた泣く彼につられて泣きました。
「もう、俺は ひとりじゃない…」
いままで弟への劣等感を抱えて生きてきた彼は、ずっと人から認められたいと
思い続けていた。GANZの戦いのなかで一度はそれを得たが、結局それは
歪んだ優越感しか生まなかった。小島に愛されることでようやく解放されて、
「生きたい」と強く思うようになったわけですね。いい話だなあ。

ま、そこからいろいろあり、小島死んじゃうし、弟が敵だし、黒スーツ集団だしで
今現在どこで話に決着つけるか、まるで見えん!締め方によっては傑作たりえると
思うんだけど。

CGを駆使した精密な描写、迫力があるのに静止画のような妙な戦闘シーン、
リアルすぎてテンポの悪いセリフまわし、巨乳など、おさえたいポイントはさまざま。

結局説明くさいレビューになったけど、あんま深く考えずに読むことを薦める、4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-30 23:41 | 作者名 あ行 25件
<< 小栗佐多里 「ダーリンは外国人... 大和田秀樹 「機動戦士ガンダム... >>