かわぐかいじ 「沈黙の艦隊」 全32巻
この劇画調の絵や潜水艦ものという要素で倦厭して
未読の方、いらっしゃいましたら即、考えを改めて読むべし。

個人的な愛を語るけど、もー本当に好きだな!!
マンガベスト10選べって言われたら「それはできん!!」て言いながらも
「まあ『沈黙の~』はまず入るけどー」と付け足しそう。
それほど、すばらしいマンガ。

簡単なあらすじ。
日本と米国が秘密裏に共同開発した原子力潜水艦「シーバット」。
米艦隊所属であったシーバットが航海中、突然暴走しだした。
艦長の海江田以下乗組員は自艦を独立国「やまと」と宣言。
海江田の意図は核廃絶の方法を自らの航海によって示すことだった。
決断を迫られた日本、世界がようやく本当の世界平和を模索しだす。

全32巻のどこをとってもクライマックスというほど、名シーン名セリフのオンパレード。
ありふれた表現などひとつもない。海江田の天才っぷりを演出する戦略や
神がかったセリフを生み出すかわぐちかいじが天才だ。
全てを抜粋することはムリなのでオーラス、NY港にやまとが入港して海江田が上陸し、
国連で演説する28巻以降から名セリフを勝手にチョイス。

と思ったけど、原作読んでないと不明な上、長くなること必至なのでそれはmoreで書こう。

潜水艦バトルもめちゃくちゃおもしろい。「ソナーに感!」とか「惰性で潜行」とか
「きさま」(?)とか使ってみたくなる語録がいっぱい。
海からの視点で政治に興味を持たせる傑作、5点!!





「私に役者の資質が求められている。あるような気もするし、ないような気もする。
自分が個人でなくなる瞬間が近づいてきている。だが現代において何かを成し遂げる
ためにその能力が必要ならば、私は自らを信じようではないか!」(海江田 28巻)

いきなり長いセリフだ。米艦隊との戦いに勝利し入港したやまと。
その中での海江田の心の声だね。
もうこのセリフ、衝撃を受けた。ガーンて。指導者、改革者、何かを新しく打ち立てる人の
孤独とそれを補う意思の強さ。海江田も人の子なんだね。だから共感できる。

「国連は4本の足全てにトゲがささり、牙が折れた巨象だ。しかしまだ進みたい方向を
指し示す長い鼻を持っている!」(大滝幹事長 28巻)

日本政府との面会に応じない国連の総長アダムスに、国連の大きな可能性を説く
大滝のセリフ。大きな力を持つはずの国連が、煩瑣な事務手続きに追われるばかりで
何もできなくなっている現状を表現している名言。そして理念を失うなという挑発。
大滝はこの後まんまと「沈黙の艦隊実行委員会」のメンバーとして主権を握る。たくましい。
最後の「あの椅子に座ってもよろしいですか?」「よかろうかけたまえ!」のやりとりも
しびれる。

「本当の意図は常に正論と聞こえるものの裏側に存在する」(ベネット米大統領 29巻)
なんの解説もいらないかと。

「おお…!熱い風を…感じる」(海江田 30巻)
国連会場に到着した海江田。各国首脳が核廃絶の可・不可について
わーわーゆってるのを席で聞きつつの一言。なんという充実の表情。
世界が変わる熱気をその身で感じているのでしょう。

「個人とか市民とか国家という名ではなく、『人類』という名いおいてのみ歴史はとぎれなく
存在し、われわれは『人類』という名においてのみ未来を語ることができるのです!」(海江田 31巻)

海江田の国連演説の出だし。国家を超えて人間ひとりひとりに語りかけ、世界政府樹立を
予感させるための布石。このあと「ロシアに生きる人類」~と、日付変更線順の呼びかけが
はじまり、うまいこと最後にアメリカが来る。

「お前は…国家元首ではない。政治家でもありえぬ。そして艦長ですらない。
純粋に革命家だ」(ベネット 31巻)

海江田の発言を傲慢と取った各国首脳らが非難の声をあげる中、ベネットだけは
海江田の真意を理解し、彼のビジョンに共感してしまう。最大の敵が最大の理解者。

「われわれは…大丈夫…です」(海江田 31巻)
壇上でのベネットとの会話中に、軍産複合体のまわしもの(海江田の表現では怪物の尾、
ベネットの表現では人間の悪意)の銃弾に倒れる。が、立ち上がってこう言う。
大丈夫の主語は「わたし」ではない。このような反発があってもわれわれの理念は
実現できます、という意味なんでしょう。

「地球のことは、海から解決するほうがいい」(海江田 31巻)
撃たれた海江田が担架で運ばれながらベネットに言ったセリフ。
隣国との諍いがなくなれば、隣の国を隣の州と同じくに考えることができれば、
そこに核を落とそうなどとは誰も考えない。海からの視点で見れば全ての土地が
隣り合わせである、という海江田の考えを受け継いで、ベネットは結局アメリカを
新しい世界の開拓者として位置づけることに成功する。

「独立せよ!」(深町国連大使 31巻)
海江田の残した手紙にあったことば。
何からの独立か。同盟国の支援と支配から?
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-06 03:24 |       か行 22件
<< 川原泉 「空の食欲魔人」文庫 全1 小畑健/ほったゆみ 「ヒカルの... >>