川原泉 「甲子園の空に笑え!」文庫 全1
野球、ゲートボール、フィギュアスケートを扱った中編集。ゲートボールて…。少女漫画だよ?

表題作「甲子園の空に笑え」は田舎高校に就任した生物教師(女性)が
人手不足から野球部の監督に指名されてしまい、お気楽なナインをひきいて
甲子園を目指すというおはなし。
主人公の女性監督、広岡さんのクールっぷりがいい。
巨人の星の、ささいなことですぐ感動して泣き喚く少年たちに対し
「常軌を逸したあの興奮状態は、交感神経のいじょうだな、きっと…
病院に行ったほうがいいぞ、星君」
さすが生物教師。燃える闘魂とは無縁。
でも人のよい校長にお願いされて、ぶつぶつ言いながら結局OKしちゃうんだよね。
川原マンガのキャラは熱い情熱を持たないようで、実は人情にあふれてる。

この一冊では、フィギュアスケートを描いた「銀のロマンティック…わはは」が大好きだ。
有名バレリーナの父を持ち本人も素質はあるが、動作があまりにテロリズムな由良(女)と、
スピードスケートで名を成したが、試合中の怪我のため道を断たれた影浦(男)が
ペアとなってフィギュアに挑むというおはなし。
影浦の以前の怪我が悪化し、これかぎりの世界選手権をすべる二人の満面の笑みが
切ない。今読み返したけど、ほんと、愉快なのに息苦しいほどせつねーよ。
ラスト、二人の後姿が雪でかすむ最後コマで、世界選手権の点数がようやく明かされる。
テクニカル・メリット 6.0 6.0 6.0 6.0…
アーティスティック・インプレッション 6.0 6.0 6.0 6.0…

「…わはは」にこめられた照れ隠しがかわいい。4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-17 01:39 |       か行 22件
<< 川原泉 「美貌の果実」文庫 全1 小畑健/大場つぐみ「DEATH... >>