川原泉 「美貌の果実」文庫 全1
80年代後半の、絵にも話にも長台詞にも油が乗りまくりの頃の作品を
集めた短編集。

改めて内容を見返すと、すごい。サンヨーオールスターゲームだぜ。
表題作の農牧シリーズ(勝手に命名)に、大人を泣かす「架空の森」、
これぞ川原ファンタジーな「森には心理が落ちている」など、三割バッターが
揃いも揃ってバントをかますような贅沢さだ。
なんかニヤついてきた。

表題作を差し置いて「森には心理が落ちている」について思うところを。
主人公の雪村霙(みぞれ)さんが、しゃべる亀にけっつまずいて
亀になってしまった。(シュールだ)
現場を目撃していたクラスメイトの氷室冬騎さんの家に、ペットとしてやっかいになるが
どうやら冬さんは母親にだけよそよそしい。なぜだろうか。そして人間に戻るには
どうすればいいのだろうか。
というおはなし。

男勝りの無骨な主人公が多い川原マンガのなかで、この雪村さんは非常に女の子らしい。
で更に、片親のいない主人公が多い中(なぜ…)、彼女は両親とも亡くしていて
一人暮らしをしている。
だのに、明るくつつましやかで健気な雪村さんに、冬さんと同調して心を溶かされるわけです。
ラストの冬さんの独白がよい。
―僕にはすてきなカメがいる 
  誕生日にひとりでケーキ勝って 
        ひとりでローソク立てて 
        ひとりで御祝いパチパチパチ
  そーゆーすてきなカメだった
本人が照れ屋なのか、男女の物語が多いのにあえて直接的な告白を描かない著者が
真っ向から「好きだよ」を言わせた貴重な作品。じーんとするよ。

初めて川原作品を読むという方に、オススメするなら「笑うミカエル」かこれだな!5点!!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-24 16:03 |       か行 22件
<< 川原泉 「笑う大天使(ミカエル... 川原泉 「甲子園の空に笑え!」... >>