川原泉 「フロイト1/2」文庫 全1
表題作の中篇に短編6話を加えたちょっと厚めの一冊。

今までさんざん心理学的、哲学的言い回しを多用してきた川原さんですが
「フロイト1/2」ではまんま、深層心理学の創始者ジークムント・フロイトが
フィーチャーされてるんで、そりゃもー濃厚で。
ニュートン・デカルト的枠組みを突破して「コペンハーゲン解釈」に問題が残るけど
結果「多世界解釈」なわけで。(P26)
てそんな小難しい話じゃないけどね。
魂だけの存在となったフロイトが、小田原で提灯売ってるからね。「風呂糸屋」とかいって。

「良い夢」を呼ぶ二つ一組の提灯を二人で分けてしまったため、夢を共有する
ことになった男女の物語。
今読み直したけどこれ、桜井敦子様がでてるんだよなー、「笑うミカエル」で
一臣殿下と見合いするあのお嬢様。ゲームソフトの登場キャラとしてネコカブリーズが
出てるけど、敦子様は実在キャラ扱い。穴田アナばりのマルチっぷり。
いやー、毎回断られてかわいそうだのう。
伯爵様から成金にターゲットを下げているところに必死さをかんじる。


表題作以外では、デビュー作「たじろぎの因数分解」が収録されてるのが見所。
初期はほんと絵が大島弓子だぜ。茶髪のツヤ線の入れ方とか。
でもやはりタイトルからも分かるように、不必要と思われるほど、部分的に堅い。
数学だけが恐ろしく苦手な主人公が、数学教師と義兄弟になってしまうという
わりとやっつけな設定なんだけど、主人公の級友であり成績優秀な堤(女)が
ことあるごとに論議をふっかけ、「ゲシュタルト・チェンジしなさい」とか物申すのは
さすが川原教授。すでにできあがっている!
で、その堤が実は主人公のことを好きってゆう、要るのか要らないのかよく
わからん設定まで含めて、このキャラのおかげで単純な少女マンガと一線を
画すことに成功してる。

本能的衝動と超自我が無意識への王道にシフトする作品集。ぎゃはー。4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-05 11:55 |       か行 22件
<< 川原泉 「中国の壺」文庫 全1 川原泉 「笑う大天使(ミカエル... >>