川原泉 「中国の壺」文庫 全1
まだまだつづくよ川原マンガ。

いやー、飛竜はかわいいな~。
「美貌の果実」のぶどうの精『精さん』と同じく、この「中国の壺」の飛竜は
川原ローファンタジーの「見守る人(精)」。
何をするでもなく主人公のまわりを漂って、生意気いったり説教したり。
でも寂しいときに傍にいてくれて、一番心配してくれる。
あれ、どことなく藤原佐為じゃん!

この1冊はタイプの違う歴史ものが2作。
遣唐使としてやってきた日本人を死なせてしまい、「穴があったら入りたい」という
願いを聞きとげられて、壺の精になってしまった中国人・飛竜とその日本人の
子孫のおはなし「中国の壺」。
江戸中期のお殿様と奔放なお姫様の日常と、ちょっとしたマツタケ事件を描いた
「殿様は空のお城に住んでいる」。(主人公男女2人に最終的に子供ができている
という川原作品では珍しい展開。ほんのひとコマだけど)
他はシリアス殺人事件ものと…、あ!囲碁マンガ入ってる!
ほら~(?)やっぱり佐為つながりだ~!

実はラストに収録されているエッセイマンガ「追憶は春雨じゃ」が一番好き。3.5点
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-09 02:43 |       か行 22件
<< 川原泉 「バビロンまで何マイル... 川原泉 「フロイト1/2」文庫 全1 >>