CLAMP 「聖伝~RG VEDA~」 全10
でたでたCLAMP。
ご存知の通り女性4人組の漫画家集団。06年現在でもうデビュー17年?
いつまでウケ続けるんだ、すごいなあ。

この聖伝は商業誌デビュー作品ですな。
古代インドの神話世界をベースとしたCLAMP節満載の壮大な冒険物語。
初期CLAMPのキーワード「約束」「運命」「犠牲」が得盛り!

作画のもこなは美大出身者だけあって、最初から人物以外の背景やら武器やら
やたらうまい。同人期間長かったとはいえ、架空の世界観をこのクオリティーで
描ききる新人とかやばやばですよ。脅威。
まあ序盤のキャラの服装を見ると、布を過剰に巻くことでなんとかしようとしているように
見えなくもない
けど。
そう、絵はうまいよ。が、マンガとしてはすごくテンポが悪くて…。苦笑
一巻は読んでて足場が悪いというか。
なんでそこで大ゴマいれるだーッ!なんでそこでギャグをいれるだーッ!てなかんじで。
例えるなら京浜急行?運転荒っ!みたいな。
脚本と作画が違うから余計に不自然さは出てしまうよね。(ほったゆみ×小畑健も
かなり不自然さはあったもんね)
でも、CLAMPの凄いところは、その不自然さ、ひっかかり感が味になっちゃったとこ
だなーと思う。
普通に見るなら、あざとすぎて、してやったりすぎて、食傷気味になるところを
この人たちが描くと受け入れられる。CLAMPはもうそーゆうもんだと思って
見てるからかもしれないけど。必然か偶然か、4人で描くことで生まれた
独特のテンポが、ある種の人たち(私含め)にとって麻薬的効力をもたらして
しまったのです。

かなり説明くさい台詞が多いわりに、「なんで!?」っていう設定をしらーっと
説明なしに入れてるところも食傷気味にならずに済む要因かも。
この聖伝でいうと、同性愛(乾闥婆と蘇摩etc)がけっこう多いけど、
特に誰も疑問は持ってない様子。「20面相におねがい!!」では主人公の
お母さんが二人(そして双子)いるけどけっきょく流されてる。
そーゆうポイントがわりとおいしい。

聖伝というよりCLAMP語りになってしまった。あと20倍くらいは書けるけど
体力がもたないわ。ストーリーに関しては、読めばよかろうなのだーッ!byシュトロハイム

CLAMP全作品中もっともトーン使いが華麗な作品。4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-10-10 22:30
<< ところで 木原敏江 「花の名の姫君」文庫... >>