CLAMP 「CLAMP学園探偵団」 全3
頭脳明晰、眉目秀麗、加えてフェミニストな学生会役員3人組が
さまざまな女性の悩みを解決する学園コメディ。

CLAMP学園自体の初出は『20面相』で、以後『デュカリオン』や『X』でも
しばしば舞台となるのだけど、この作品時に大層詳細な設定まで
練られたみたいね。明らかに異世界ファンタジーなもの(『聖伝』
『CLOVER』等)以外は全部スピンオフってんだから、
大川女史の世界観のでっかさにはほんと、驚かされるわ。


小等部学生会会長の妹之山残が学園理事長の息子で、日本有数の財閥の
御曹司という設定なんだけど、彼の台詞にひどいのがひとつ。
会計の伊集院玲(『20面相』の主人公)との会話より。
玲「ざっと見積もって10億円です」
残「それなら僕のポケットマネーで十分だ
…なんで昔はここをスルーできたんだろう。
トラウマになるわ。

今読み返してみて一番の萌えポイント(探すな…)は残さんを支える書記の
鷹村蘇芳さんよね。作中の言葉を借りると、「言葉少なに寄り添ってるところがいい」。
光と影ね…。
オスカルに対してのアンドレ。速水真澄に対しての聖唐人。ユーリに対してのオスカー。
まあちょっと最後のは違うんだけど。
とにかく、生真面目で普段会長になんとか業務をさせようと必死なんだけど、
無表情な中にいたわりが見えたり、たまにめっちゃ笑顔になったり
幼稚園児に恋をして赤面してるのが、なかなかそそるな、と。
…え!?最後のまずくない?

この作品はストーリーは単純で特にひねりもないかんじなんだけど、
毎回のサブタイトルが名作映画からとっていたり、カラー絵もそれを意識していたり
けっこうCLAMPの趣味が反映されてるようで面白い。

CLAMP全作品中もっとも金銭感覚が狂う作品。3点。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-11-03 00:35
<< CLAMP 「魔法騎士レイアー... CLAMP 「東京BABYLO... >>