<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
川原泉 「笑う大天使(ミカエル)」文庫 全2
成金という言葉を、私はこのマンガで知りました。
たぶん川原作品で最も知名度の高い作品。映画化したしね。
聖ミカエル学園に通う、猫っかぶり娘3人組の長編物語。

もーほんとサイコーだよ、笑かしてくれるし泣かすし。カーラ君のマンガは
短編もいいけど、キャラクターが立っていて設定が面白いので長編も素晴らしい。

本編は、史緒、和音、柚子の三人娘が科学室にて沼色と国防色の液体を
混ぜたことで手に入れた怪力を使って、神父に化けたイタリア人に攫われた
お嬢様方を助け出すというもの。ん、よくわからんな。

名言のオンパレードなのでちょっと抜粋。
「原色・華麗・極彩色の外国料理より 淡白・質素・パステル調の日本料理を
私は愛する!アジのひらきにぼんのうしてどこが悪い!」
(史緒 学校の雑木林でアジをくわえる姿を見られて)

「それならば この沼色と国防色を まぜるだ
(三人 科学室にて)

「イタリアの変態はイタリアに帰すのがスジだよな」
(和音 マリーニ神父に不審を抱いて)

で、2巻に収録されてるサイドストーリーが、これまたすごくいい。
というより、こっちが「笑う~」の真髄といったかんじ。
和音と、仲の悪い両親、面倒役の若槻俊介の関係の変化を描いた「空色革命」。
柚子が国語教師ロレンス先生宅で出会った、オペラ歌手としゃべる人形との
楽しく悲しい休暇を描いた「オペラ座の怪人」。
史緒と、16年間生き別れていた兄一臣との交流を描く「夢だっていいじゃない」。

「空色革命」で和音父が、お城付き成沢家のお嬢様に求婚する際に
「お嬢様を下さい そのかわりお城の件は引き受けます」といおうとして
「お城を下さい そのかわりお嬢様の件は引き受けます」といい間違えてしまい
その後結婚してもずっと意地の張り合いを続けてきたというのがウケる。
20年経ってようやく意地を張るのをやめ、二人でお城にでかける姿は感動的だ。

とにかくすべてがいい!最強の2冊!めちゃくちゃまじめにレビューかいちまった!5点!

あ、映画についてはMoreに。

More
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-25 17:38 |       か行 22件
川原泉 「美貌の果実」文庫 全1
80年代後半の、絵にも話にも長台詞にも油が乗りまくりの頃の作品を
集めた短編集。

改めて内容を見返すと、すごい。サンヨーオールスターゲームだぜ。
表題作の農牧シリーズ(勝手に命名)に、大人を泣かす「架空の森」、
これぞ川原ファンタジーな「森には心理が落ちている」など、三割バッターが
揃いも揃ってバントをかますような贅沢さだ。
なんかニヤついてきた。

表題作を差し置いて「森には心理が落ちている」について思うところを。
主人公の雪村霙(みぞれ)さんが、しゃべる亀にけっつまずいて
亀になってしまった。(シュールだ)
現場を目撃していたクラスメイトの氷室冬騎さんの家に、ペットとしてやっかいになるが
どうやら冬さんは母親にだけよそよそしい。なぜだろうか。そして人間に戻るには
どうすればいいのだろうか。
というおはなし。

男勝りの無骨な主人公が多い川原マンガのなかで、この雪村さんは非常に女の子らしい。
で更に、片親のいない主人公が多い中(なぜ…)、彼女は両親とも亡くしていて
一人暮らしをしている。
だのに、明るくつつましやかで健気な雪村さんに、冬さんと同調して心を溶かされるわけです。
ラストの冬さんの独白がよい。
―僕にはすてきなカメがいる 
  誕生日にひとりでケーキ勝って 
        ひとりでローソク立てて 
        ひとりで御祝いパチパチパチ
  そーゆーすてきなカメだった
本人が照れ屋なのか、男女の物語が多いのにあえて直接的な告白を描かない著者が
真っ向から「好きだよ」を言わせた貴重な作品。じーんとするよ。

初めて川原作品を読むという方に、オススメするなら「笑うミカエル」かこれだな!5点!!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-24 16:03 |       か行 22件
川原泉 「甲子園の空に笑え!」文庫 全1
野球、ゲートボール、フィギュアスケートを扱った中編集。ゲートボールて…。少女漫画だよ?

表題作「甲子園の空に笑え」は田舎高校に就任した生物教師(女性)が
人手不足から野球部の監督に指名されてしまい、お気楽なナインをひきいて
甲子園を目指すというおはなし。
主人公の女性監督、広岡さんのクールっぷりがいい。
巨人の星の、ささいなことですぐ感動して泣き喚く少年たちに対し
「常軌を逸したあの興奮状態は、交感神経のいじょうだな、きっと…
病院に行ったほうがいいぞ、星君」
さすが生物教師。燃える闘魂とは無縁。
でも人のよい校長にお願いされて、ぶつぶつ言いながら結局OKしちゃうんだよね。
川原マンガのキャラは熱い情熱を持たないようで、実は人情にあふれてる。

この一冊では、フィギュアスケートを描いた「銀のロマンティック…わはは」が大好きだ。
有名バレリーナの父を持ち本人も素質はあるが、動作があまりにテロリズムな由良(女)と、
スピードスケートで名を成したが、試合中の怪我のため道を断たれた影浦(男)が
ペアとなってフィギュアに挑むというおはなし。
影浦の以前の怪我が悪化し、これかぎりの世界選手権をすべる二人の満面の笑みが
切ない。今読み返したけど、ほんと、愉快なのに息苦しいほどせつねーよ。
ラスト、二人の後姿が雪でかすむ最後コマで、世界選手権の点数がようやく明かされる。
テクニカル・メリット 6.0 6.0 6.0 6.0…
アーティスティック・インプレッション 6.0 6.0 6.0 6.0…

「…わはは」にこめられた照れ隠しがかわいい。4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-17 01:39 |       か行 22件
小畑健/大場つぐみ「DEATH NOTE」 全12
少年漫画にあるまじき凶悪主人公が引き起こす
本格推理サスペンス。コメディーとしても秀逸。

このマンガについてまず語りたいことは、アレだ。
主人公、夜神月の見事な悪役っぷり。
最初は犯罪者を裁くだけだったのにね、Lに疑われて
FBI捜査官から尾行を受けてると知ってからの殺しっぷり。
容赦なさすぎて怖いよー。
一度デスノートを手放してから、ただの正義感の強いIQ200青年に
戻ってしまい、目キラキラさせて捜査してたんだが、
ノートを再度手にしたときのギャップがヤバイ!
もう、すごい形相だよ。
目ん玉ひっくり返ってるよ!
「計画通り」ニヤリ。
あーウケる。ライトはやっぱこうでなくっちゃと思いました。おい。

次いで、小畑健大先生のアートワーク。
変態?(失礼!!!)
と思うくらいのリアリティー。
(そいえば私は本当にすごいと思った人を変体扱いしている)
ヒカルの碁のときもそうだったけど、小物へのこだわりが尋常じゃないよね。
ボールペンとか、Macとかコーヒーカップとか。
とにかく、リアリティーにあふれる描写で死神ファンタジーを描くから
サスペンスとしても成立しているのだなーと思う。
にしてもほんと、神の域に達しているとか安易な表現を使いたくなるくらい
すごい。

ま、このマンガの見所であるデスノートという条件を使った頭脳戦と
正義の定義についての論争なんかは、岡田斗司夫氏が自身のブログとかで
語ってるしね。そっち見よ。

デスノでキャラ萌えもナンだけど、奈南川はいい男だよね、5点!!

-----------------------------------------------------------------------

そして、06年7月、12巻にて完結。

ネタバレなので読んでない人は読みひかえて下さいね。

うん、面白かった!ニアとの最終決戦、トラップのひっくりかえし合いにでは
文字量の多さに苦笑したが、ニアとメロ、二人の力で「L」に捕まえることの
できなかったキラを捕らえた、という結末は納得。そしてライトを殺すのが
リュークというのも、そうでなくちゃ、という感じだしね。
死者には天国も地獄もない。そのセリフに恐怖するライトはデスノートを使う
覚悟ができてはいなかった。
キラのいなくなった世の中でまた悪が横行し、キラをまだ信望する人々が
清らかに見える、アイロニーに満ちたラストに深く感銘を受けた。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-10 00:58 | 作者名 あ行 25件
川原泉 「空の食欲魔人」文庫 全1
きたきた~、カーラくん。
私はこの人の作品を手に取るまで、文庫マンガとは手塚治虫先生に
許された特権かと思ってた。なぜだか。
だからあのサイズのマンガを手に取ったときになんともいえない
違和感を持った。それまでりぼんっ子だったし。
でも違和感は別にサイズからきたものだけじゃなかったことに気づいた。
今まで触れたことがなかったような川原泉独特の作風に中てられてた。

哲学的で、やる気がなさそで、盛り上がりに欠けて、つかみどころが
ないのだけど、どのページからもやさしさと笑いがにじみ出ている。
カーラくんのマンガはそんなかんじ。

で、この一冊はこれからぞくぞく出版される川原文庫マンガ一冊目となる短編集。
食によって結ばれる人々を描いた食欲魔人シリーズ6作と他、初期短編3作。
特に好きなのは食シリーズでは「不思議なマリナー」。
主人公がつり好きの女子高生という設定がまず絶好調で。
ちなみに「笑うミカエル」の聖ミカエル学園、初出しはこの作品。
なんか忘れられないセリフ「磯の王者イシダイ様の三段引きだあ~!」
「イシダイ様の前では釣り人はみな沈黙する」のせいで、
イシダイは様をつけるべきお方だという暗示から抜けられない。

他の短編、猫をかぶった義姉弟の反目の恋愛(?)を描いた「三月革命」。
これ、全川原短編の中でも1,2を争うほど好き。
川原作品には猫かぶりや、世間にうまく迎合できない人がよく描かれる。軽いタッチでね。
他人に見せられない部分があった方が人間はおもしろい。カーラくんんはそれを描くのがうまい。
ラスト、猫っ面を脱いで姉に冷たくあたっていた浩生くんの独白。
「やっぱりだめだったよ、あなたの背負っている猫ごと好きでした。」
そして、お互いのタテマエを超え、なんとなーく手をとり合う。
このぼんやり感になぜか感動してしまう。

川原マンガの特徴、食べるときの擬音「もぎゅもぎゅ」「ぐび~」なども絶好調。
ちなみに初期の絵は大島弓子さんを崩した様な絵です。それだけ。
言動、行動共に否応無しに影響を受けてしまった傑作集、4.5点。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-10 00:40 |       か行 22件
かわぐかいじ 「沈黙の艦隊」 全32巻
この劇画調の絵や潜水艦ものという要素で倦厭して
未読の方、いらっしゃいましたら即、考えを改めて読むべし。

個人的な愛を語るけど、もー本当に好きだな!!
マンガベスト10選べって言われたら「それはできん!!」て言いながらも
「まあ『沈黙の~』はまず入るけどー」と付け足しそう。
それほど、すばらしいマンガ。

簡単なあらすじ。
日本と米国が秘密裏に共同開発した原子力潜水艦「シーバット」。
米艦隊所属であったシーバットが航海中、突然暴走しだした。
艦長の海江田以下乗組員は自艦を独立国「やまと」と宣言。
海江田の意図は核廃絶の方法を自らの航海によって示すことだった。
決断を迫られた日本、世界がようやく本当の世界平和を模索しだす。

全32巻のどこをとってもクライマックスというほど、名シーン名セリフのオンパレード。
ありふれた表現などひとつもない。海江田の天才っぷりを演出する戦略や
神がかったセリフを生み出すかわぐちかいじが天才だ。
全てを抜粋することはムリなのでオーラス、NY港にやまとが入港して海江田が上陸し、
国連で演説する28巻以降から名セリフを勝手にチョイス。

と思ったけど、原作読んでないと不明な上、長くなること必至なのでそれはmoreで書こう。

潜水艦バトルもめちゃくちゃおもしろい。「ソナーに感!」とか「惰性で潜行」とか
「きさま」(?)とか使ってみたくなる語録がいっぱい。
海からの視点で政治に興味を持たせる傑作、5点!!

More
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-06 03:24 |       か行 22件