<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
木原敏江 「夢の碑(いしぶみ)シリーズ」文庫 全13+1 
古い時代に現れいつしか消えていった、「鬼」と呼ばれる
不思議な力を持った一族をテーマに描いた作品集。

これ、全くの短編やら1冊分の中篇やら3冊に渡る長編やら
いりまじってるから、感想かくのが難しいよ!
年代も、古くは70年代後半、新しいものだと90年代半ばまで、
約20年に渡って描いてるわけで、絵柄も1冊の中で激変。
ただ一貫して描かれているのは特異なるものの悲しさ、美しさ。
特に中世日本を舞台としたときの桜を用いた鬼の表現は
まさに美しくて儚くて、木原美の真骨頂ですとも!

一気に語るのは不可能ということで、各巻のサブタイトルとなっている
代表作品ごとに、ひとくちコメント+好き度を。一部チューボーですよ風。

・番外編 「大江山花伝」 ★★半
なぜか番外編から発売された不思議なシリーズ。
有名な茨木童子を主人公とした表題作もいいが、世阿弥の壮烈な半生を
描いた「夢幻花伝」がまじ切ないぞ。うまく能をからめてくるのもすてき。
あと、短編「花伝ツァ」のせいで(私を含めた)一部のお腐れ様の間で
「兄長(このかみ)」ブームが。

・1 「とりかえばや異聞」 ★★★(いただきました!)
戦国大名の兄に代わって戦った紫子(ゆかりこ)と、彼女を愛し助けた鬼の末裔・吹雪の物語。
譚の始まりとしていながら、実は終わりでもある。今まで死で終わってきた悲しい
鬼の恋を打開した記念すべき2人の物語。船乗り役として「まりしん」の鴨さんや麿が出演
しているのもおいしい。

・2 「青頭巾」 ★★半
私事ですが初めて読んだ木原作品。自己愛が過ぎて桜の魔物となった秋篠は
シリーズを通して鬼の負の部分として頻出。2巻にも登場。
ほか短編ではめずらしく洋物の「封印雅歌」が耽美(デカダン)。

・3~5 「鵺(ぬえ)」 ★★★(いただきました!)
最初の長編。江戸を舞台にした人情物の一面をもった暗黒絵巻。
主人公の美青年・篠夫さまが愛を求めるがゆえに、相手の気持ちが
すこしでも他に揺らぐと殺してしまう恐ろしい性癖の持ち主という設定。
最初の奥さんの可那枝が不細工だが賢いというキャラの見せ方に驚嘆。
江戸の粋を感じる髪結い床や常磐津などがたまらない。
このマンガのせいで江戸東京博物館に3回行った。

・6 「雪紅皇子(ゆきくれないのみこ)」 ★★
木原さんがよく描く南朝の隠れ里の物語。この頃(90年半ば)の絵は
目元口元の描き方とトーンの多様のせいで、特有の繊細さを感じなくなって
しまったのが残念。

・7 「ベルンシュタイン」 ★半
短編「ぎやまんハートブレイク」と「ダイヤモンド・ゴジラーン」(なんつー)が
おもしろい。後者はこのシリーズにいれていいのか多いに疑問だけど。

・8~10 「渕となりぬ」 ★★
「夢幻」につづいて猿楽の若者を主人公とした長編。芸に工夫をこらし成り上がっていく
ストーリーは面白いが、これも90年代半ばということで絵のほうの不満と、
少し同性愛が儚げでないところが気に食わない。最終巻の著者によるメイキングが
一番おもしろい。天才らしくちょっといっちゃってるぐあいがグー。ぷっつん。

・11~13 「風恋記」 ★★★(いただきました!ってしつこい!)
合わせて一対となる力を分け合った二人の数奇な運命の物語。「とりかえばや」の
吹雪と紫子が運命を断ち切った者であり、この二人が運命を受け入れた者として、
シリーズの最後を締めくくっている。この頃の絵は最高に麗しい。そして主人公のひとり
露近の、稚児の頃のあの髪型!眉横の姫カット!可愛すぎる!やばいっすねー。(私が)
最終巻の解説はなんとあの池田理代子大明神。出版社の遠足に一緒に行ったんだってさ。


ふう、なんとかレビューの体裁をとったぞ。この、マンガに対してにのみ働く
トンデモ記憶力が役に立った。
★評価はあくまでこのシリーズの中で見ればっていう相対的なものなので
やはりどれも面白いよ。

桜に特別な美を感じる日本人よ、これを読めばよりいっそう花見がしたくなるのだ!4.5点!!
でも死体は埋めないでっ!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-26 04:09 |       か行 22件
余談1
壁紙とか変えました。
ファンシー系。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-23 10:56
木原敏江 「摩利と新吾」文庫 全8 
「ウォーッス!」「バッキャローっ!」「うむ じつに」「おのおのがた」などの
普遍的な名文句を生み出した、青春マンガの傑作。
間違いなくドジさまこと木原敏江の代表作。オロロ~ン。


か…、かけない。
自分のレビューの至らなさに恥ずかしくなったときには、作中の名台詞を引用して
その偉大さの影に隠れてやりすごすという手法もあるけど、この作品は
誰のこの一言がどうとか(名台詞は多いけど)いうことでその真髄を語ることは難しい。
つまり群像劇なのですよ。明治末期から大正の旧制高校を舞台とした
心優しき野蛮人たちの成長期。青春の記録。

主人公の摩利と新吾は生まれたときからの親友であり、お神酒徳利(ふたつでひとつ)と
呼ばれるほどの一心同体コンビ。2人がその学力・腕っぷし・人望・容姿を買われて、
持堂院高校入学早々、生徒会機関である全猛者連の会長に抜擢されるところから
物語りは始まる。
学生生活のなかで、摩利は新吾への恋心に気づき、それが以降物語の根幹であり
通奏低音として流れ続ける。んだけど、全然同性愛マンガとして読む必要はないから。
摩利の親友を思う切ない気持ちや、新吾の親友を気遣って答えようとする必死さは
あまりに正直で自然で、さらに必然的。
どこかで聞いたような台詞ばっかりで、すっとろいキャラクター満載の、
あざとい展開をあざとい演出で見せる最近の一部のドラマや映画を作る方々に
ぜひ、ぜひ!読んでもらいたいものです。

1巻の特に1話が顕著だけど、最初はコメディーを超えてほぼギャグです。
主人公たちの専攻がドイツ語必修なので、日常会話にしばしばドイツ語が登場する。
「アッハ シューネ マリィ(ああ うるわしの摩利くん)」など。いちいち訳が付きます。
「おれは新吾をひと目で愛してしまったのだ!
熱烈なフロイントシャフト(友情)を感じている」(四季遥)
クナーベン リーベ(少年愛)でしょう?」(摩利)
どうしてそこだけドイツ語なんだー!と逐一つっこみたくなる。
序盤がこんなノリだから、中盤からのシリアス8割な展開に、常に不安と対峙しながら
読まねばならない。2人が欧州へ行ってからは特に。
しかし、そんな序盤も無駄な話はひとつもなく、本当に全ての話がこのラストのためには
必要だったと思うと、ますます木原大将に足を向けて眠れないのです。拝伏。

物語もすばらしいけど、もちろん絵も語るときりがない。
3巻あたりから特に繊細さに磨きがかかって、デッサンも良好に。
アンジェリクの頃にはまだ見られなかった、指先の色気もムンムン出始めた。
木原マンガの月系美人(滝川篝や「アンジェリク」のフィリプ、「鵺」の篠夫ナド)代表の
鷹塔摩利さまの美貌もここにきわまれり
というかんじで。最高です。
欧州編からはこのお方の衣装センスとそれを描く巧みさが際立つし、コマわりでの心情の
見せ方とかもよい。(摩利が立ち直る展開、新吾との再会、よかったなあ)

彼らとあまりに長い時間を共有するので(メインで15年、全45年!)、読後は
例のごとく「ホゲー」っとしてしまうのだが、何度読んでも薄れることのないこの高揚感!
とてもわずか8冊とは思えない濃密さ。
5回読んで真価がわかる作品。

至純のロゴスと至高のパトスをば、共に追い磨いていくための青春のバイブル!(超)5点!!
けっきょくいっぱいかいちまった。静聴を感謝する!バッキャローっ!


「摩利と新吾」イラレ絵

既読の方へ「摩利と新吾における女性/キャラの死について」
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-20 02:06 |       か行 22件
木原敏江(原作A&Sゴロン) 「アンジェリク」文庫 全3 
ついに我が青春のバイブル、木原敏江の書にたどり着いてしまった。
17世紀フランス、ルイ14世の時代に波乱の人生を歩んだアンジェリクと、
彼女を愛したジョフレ、ニコラ、フィリップの3人の男の物語。

感想書くためにさらっと読み返そうと思ったら、結局5時間ぶっとおしで
涙ながらに完読してしまった。ばか。

宮廷内の争いから発展するドラマティックな物語も読み応え十分だが、
それらに説得力を持たせているのは個々のキャラクターのあふれんばかりの魅力。
木原さんはなんて豊かに人間を描くんだろう。
奔放で正直なみどりの目の美少女アンジェリク。
体が不自由で顔に傷があるが、不屈の精神と王者の度量の持ち主ジョフレ。
社会の底辺に落ちてなお明るさと優しさを失わないニコラ。
美貌のお人形として宮廷で持て囃されているが、誰にも心を開かないフィリップ。
結果的にアンジェリクが3人全員と結婚することになるのがちょっとウケる。
愛するジョフレと婚約しているのに、初恋の人フィリップに踊りに誘われる
ことを期待したり、ジョフレと死別したためニコラと結婚したが
生きていたことが分かるやはりジョフレの方に行ったり、
しかしジョフレに奥さんがいたと知ったショックで気が動転して
ニコラを差し置いてフィリップと一夜を共にしたり。
これだけ見ると「アンジェリク許すまじ!」って思うけど、
それでも憎めないし、愛しく思えてしまうのがこの女のすごいところ。
そして同時に原作ゴロンさんと木原さんのすごいところ。

が、一番語りたいところは脇役にあり。
それは同時にオーラスネタバレなので別枠に。
↓「アンリ・ド・ボーフォールとクロード・ル・プチを称えるの会」より。

もう戻れない遠い昔を懐かしむような、胸をゆるりと締め付けるラストに落涙。4.5点!

「アンリ・ド・ボーフォールとクロード・ル・プチを称えるの会」
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-12 17:55 |       か行 22件
羽海野チカ 「ハチミツとクローバー」 全10
ふわふわなだけじゃない。辛みとしょっぱみを糖コーティングしたバランス感覚が絶妙。

これ気になってから読むまでけっこう長かったんだよな。
だって帯に「トキメキ☆逆走ラブ・ストーリー」とか書いてあるし…。
他、「登場人物全員片思い」とか「2つの三角関係」とか、あううってなる単語がいっぱい。
でもここまで人気になってるからには面白くないわけもないし。なにより某ナホコ氏が
他ブログで褒めていたのがきっかけで、読んだ!ようやく!

そしたらやっぱ、読まず嫌いだった。

物語は序盤、美大と寮を舞台にした若者達の青春コメディーの様相。
美大だけに(?)変態的な先輩やら、鉄腕の美女やらが時に騒々しく時に切なく
物語を進めていく。主人公のひとり、はぐちゃんもわりとマスコット的な位置付け。
どこから、というわけでもないけどあえて言うなら真山が社会人になってから、
小さいところをくるくる回っていたようだったこの物語が、大きく走り出したなーと
感じた。もちろん作者の狙い通りだろうけど。
登場人物それぞれ(森田さん以外)が社会とかかわりだして確固たるものを
持たない自分に不安を抱き、それに恋の悩みがあいまって、不安定ながら何かを
掴もうともがく。
時にそのこっぱずかしさは、見るものをもだえさせるけど、同時に共感せずにはいられない。
ちくしょう、あゆみ、いじらしいぜ。

青春スーツを脱げたと思ってる人、読んでみよう。もう一度着れるよ。
その他、細かいことはMoreに!
(2006年5月 記す)

-------------------------------------------------------------------------

そして、2006年10月、10巻にて完結。
文字通りハチミツとクローバーで締めくくった、どこまでも見事な最終回だった。
以下、いつも以上にネタバレ。

はぐみの手の怪我から一気に物憂いムードになっていったけど、
それを通過してみんなが自分は何をしたいのかを考えるようになる展開がイイ。
で、最終的にはぐちゃんは先生と共に生きることを選び、それをお願いするというのは、
少々びっくりしたのだけど、きれいごとばかりじゃなくて、結果かなりよかったなと思った。
安易にはぐちゃんが恋愛に走ったり、実は先生のことを愛してしまった(まあ好きでは
あるんだけど)とかさぶい流れじゃなくて、絵を描くために、治療のために必要だから
一緒にいてくださいっていうストレートさが、潔くて感動した。
花本先生はリカとの共生でもそうだったけど、自分以外のものを一番愛している人も
心から大事にできる。なんて大きな人間なのだろう。作中で一番すきかもな。

あゆみと野宮も大いに見所でした。長くなるのはアレなんですっきりまとめると、
野宮のひとりSMっぷりと、横浜の名所大桟橋でのストレートラブにじーんときた。
というかんじ。

そして最終回は影の薄い主人公が竹本君がちゃんと締めてくれました。
泣かしてくれました。
 「オレはずっと考えてたんだ うまく行かなかった恋に意味はあるのかって
 消えて行ってしまう もの は 無かったものと同じなのかって…
 今ならわかる 意味はある あったんだよここに」
ひとりの未熟な少年が、恋をし、相手を思うことで自分自身をも見つめ、
からっぽではないかと不安になり、失敗しながら成長するという
普遍的な物語だったことが分かった。

基本的に最終巻に番外編や、ましては別作品が入ってくるのは嫌。
だけど、「ウミノとゆかいななかまたち ハチクロ☆フィナーレ編」は
本編ばりにG☆Jだった。
長年読み続けて、生活を共にしてきたようなマンガがある。
ある日物語が終わりを迎えて、これ以上先を教えてくれなくなる。
取り残されたような気分だ。立ち直るのに数日を有するほどの作品もある。
でもそれは作品を作ってる本人が誰よりも強く感じることなんだな。
喪失感を乗り越え次作へ続ける。そのパワーを本当に尊敬します。そして感謝します。
ありがとう。

前回の好き度を改定します。5点。

ライフログ、最終巻に変更。

More
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-08 18:08 | 作者名 あ行 25件
岸本斉史「NARUTO」 1~34
この作品の場合、
物語に感動するよりも、岸本先生に感動することが多い。
物語にハラハラするよりも、岸本先生にハラハラすることが多い。
ナルトの成長より、岸本先生の成長が気になってしまう。

そんな作品。

初めのころはセリフのつながりが不自然で、読みにくいなーと
思ってた、正直。テンポも悪い。

白「ボクが物心ついた頃……ある出来事が起きた」
ナルト「…出来事…?一体何が…」
白「……この血…」
ナルト「…血ぃ…?」
白「……………
ナルト「だから…だから何が起きたんだってばよ!?
4巻、ナルトVS白。
白ちゃんじらしすぎ!自分から話題ふっといて!
このやりとりに1ページつかっちゃうんだもんなー。
というかんじで、読んでて演出のイマイチさが目立ちました。
絵は最初からかなりうまいんだけど。

でも単行本にさしこまれてるおまけページを
読んでも分かるように、岸本さんてほんと正直で努力家で。
投稿時代やデビュー前のボツ連発時代に、よいマンガを描くため、
自分の下手さを認めて名作の研究をしたり。
よくここまで晒せるなーと感動する。
だからマンガでいい演出がでてきたりするとマンガに感動するんでなくて、
「いいぞ先生!ステキな手法だ!」と思ってしまうような、
不思議な入り込み方をするようになった。なにさまだい。

今の時点、物語の最高の盛り上がりは26巻のナルトとサスケの対決。
ここは全体的によかったなー。
水上の戦い。波紋によって力の激しさを表現する演出。
ふたりがいがみあっているように見せて、実は互いに共感を抱いて
いたことを回想で見せ、次のページではサスケの手がナルトの肩を
貫いているという衝撃。
サスケの心理をよく表した「オレはお前以上に特別だ」というセリフ。
うーむ、すごいよ、岸本さん。ページを捲る手が止まらないよ。
そして全力の力をぶつけ合ったとき、心の世界でのふたりの2本指の握手
戦いながら、力だけでなく心をぶつけあってきたふたりの、さよならを兼ねた握手。
うまし!

まあ、ここですんごい盛り上がったわりには2部でのふたりの再開は
ちょっと拍子抜けで…。ページ数使った割には(使いすぎたからかも)
あまり感動や衝撃はなかった。
これからサイをどう扱っていくのか、暗部の根やら暁やら、収集していく
ものはたくさんある。もちろんサスケと大蛇丸との決着も。
岸本さん、がんばってください。ものすごい応援してます。

最後にキャラのことをちょっと。
シカマル好きだー!!シカマルの父ちゃんも好きだー!!4点!

ライフログは、1巻の写真がなかったので、好きな表紙の20巻。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-01 14:18 |       か行 22件