タグ:スポーツ ( 3 ) タグの人気記事
川原泉 「メイプル戦記」文庫 全2
キミもメイプルしてみない?
プロ野球選手を募集しています。審査参加資格は女性であること。
目指せ年俸一億円。

なーんてな。

「甲子園の空に笑え」で豆の木高校を率いた女流監督、広岡さんが
今度は女性(一名オカマ)だけのプロ野球球団「スイート・メイプルス」の監督をやることに。
東京タイタンズや広島プーカ等、セ・リーグの球団相手にのんびり野球で
渡り合っていく。

いやー、もう好きだーこれ。
野球好きはペナントレースのぶっとんだ、しかしリアルな(球団事情とか)展開が
たまんない。
そうでない人は、体は男、心は女の瑠璃子ちゃんの泣かせる恋とか、
タイタンズ(元ネタはもちろん巨○)投手の別居中の奥さんの奮闘とか、
メイプルス選手の諸事情を楽しむも良い。
歴代川原オールスターズに「にしし」ってなるも良し。
現(2006シーズン)中日監督の落合さん(作中では落葉井)の三冠を拝むも良し。

余談だけど、この頃から「はみだしっ子」の故・三原順さまに一部絵が似てきてる。
1巻192頁の小早川君なんて後期三原にそっくりだぞ!
お付き合いがあったようだけど。

集大成だぞ。これ。5点!!

しかし、西部の元オーナー堤はんは作中の鼓(つづみ)はんのように
最終的に善意の人だった、というオチは期待してはならない。
考える社員はいらないって!?
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-14 21:47 |       か行 22件
井上雄彦 「リアル」 1~5
あまり多くは語りますまい。浅い読みだとなんか失礼になりそうだもの。

野宮にとってのバスケができる高校という場所、
戸川にとっての走るための脚、
高橋にとっての他人よりすぐれているべき身体、

心のよりどころとしているものを失ったときに、ほうり出される現実と
向き合って戦う人達を描いた作品。
私は涙は出ないんだけど、胸の奥がどすーんてなります。

一年に一巻しか出ないのが待ちきれないほど好きなマンガ。
誰にでも薦めたい度5点




あと、「あひるの空」の千秋くんて、野宮のアフロ時と……似ているよねえ。自粛。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-23 22:34 | 作者名 あ行 25件
井上雄彦 「スラムダンク」完全版 全24
来た…。
私の青春時代(12才~現在)に幾度となく読み返し・落涙を強いた名作が。
ご存知、高校バスケマンガの金字塔といえる作品。

今まで50人の女子にフラれてきた不良桜木が、高校で出会った赤木晴子に
一目ぼれし、彼女に気に入られようとノリではじめたバスケットに
いつしか夢中になっていく…と。
あらすじだけだと本当に単純な話なのね。スポーツマンガにしても珍しいほど。
ただその中で出会う面々(猿多し)の造詣の深さ、バスケを通しての桜木の変化、
そしてきっと経験者にしか描けない複雑なバスケシーンの上手さが、この作品を
他と並びつかないものにしているんだと思う。
まあストーリーは、回想を多様しすぎて技がないとかゆう意見もあるけど、それでも
いいと思うんだよ。それに後になるにつれ、
そういう違和感はどんどんなくなってくるし。
晴子の一声目「バスケットはお好きですか?」に対して最終巻で桜木が「大好きです」と
答える長い伏線、素晴らしいよ。読者も一巻のことなんて忘れてるから、告白されたのかと
思ってドキっとしちゃうわけです。

あー好きすぎてどんな感想を書いていいやら分からないや。

あそーだ、最後にひとこと。
去年あたりからメガネ男子がブーム(もう終わった?)だったみたいだけど、
わたしは木暮さんほどナイスメガネな男前は知らない!真山(ハチクロ)も好きだけど、やはりメガネ君が一番すきだ!

まごうかたなき5点!!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-16 20:51 | 作者名 あ行 25件