タグ:バトル ( 4 ) タグの人気記事
岸本斉史「NARUTO」 1~34
この作品の場合、
物語に感動するよりも、岸本先生に感動することが多い。
物語にハラハラするよりも、岸本先生にハラハラすることが多い。
ナルトの成長より、岸本先生の成長が気になってしまう。

そんな作品。

初めのころはセリフのつながりが不自然で、読みにくいなーと
思ってた、正直。テンポも悪い。

白「ボクが物心ついた頃……ある出来事が起きた」
ナルト「…出来事…?一体何が…」
白「……この血…」
ナルト「…血ぃ…?」
白「……………
ナルト「だから…だから何が起きたんだってばよ!?
4巻、ナルトVS白。
白ちゃんじらしすぎ!自分から話題ふっといて!
このやりとりに1ページつかっちゃうんだもんなー。
というかんじで、読んでて演出のイマイチさが目立ちました。
絵は最初からかなりうまいんだけど。

でも単行本にさしこまれてるおまけページを
読んでも分かるように、岸本さんてほんと正直で努力家で。
投稿時代やデビュー前のボツ連発時代に、よいマンガを描くため、
自分の下手さを認めて名作の研究をしたり。
よくここまで晒せるなーと感動する。
だからマンガでいい演出がでてきたりするとマンガに感動するんでなくて、
「いいぞ先生!ステキな手法だ!」と思ってしまうような、
不思議な入り込み方をするようになった。なにさまだい。

今の時点、物語の最高の盛り上がりは26巻のナルトとサスケの対決。
ここは全体的によかったなー。
水上の戦い。波紋によって力の激しさを表現する演出。
ふたりがいがみあっているように見せて、実は互いに共感を抱いて
いたことを回想で見せ、次のページではサスケの手がナルトの肩を
貫いているという衝撃。
サスケの心理をよく表した「オレはお前以上に特別だ」というセリフ。
うーむ、すごいよ、岸本さん。ページを捲る手が止まらないよ。
そして全力の力をぶつけ合ったとき、心の世界でのふたりの2本指の握手
戦いながら、力だけでなく心をぶつけあってきたふたりの、さよならを兼ねた握手。
うまし!

まあ、ここですんごい盛り上がったわりには2部でのふたりの再開は
ちょっと拍子抜けで…。ページ数使った割には(使いすぎたからかも)
あまり感動や衝撃はなかった。
これからサイをどう扱っていくのか、暗部の根やら暁やら、収集していく
ものはたくさんある。もちろんサスケと大蛇丸との決着も。
岸本さん、がんばってください。ものすごい応援してます。

最後にキャラのことをちょっと。
シカマル好きだー!!シカマルの父ちゃんも好きだー!!4点!

ライフログは、1巻の写真がなかったので、好きな表紙の20巻。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-01 14:18 |       か行 22件
荒木飛呂彦 「ジョジョの奇妙な冒険」 全80(内ストーンオーシャン17巻)
この名作を読まずに過ごしてしまった23年間のことは、
悔やんでも悔やみきれない。
しかし、マンガ読みと名作はいずれ引き合う運命なのだ。
君は『引力』を信じるか?

とにかくすごい!
絵、セリフ、擬音、どれを取っても絶妙のカッコよさ(と奇妙さ)だし、
だけどそれ以上にストーリーとテーマが素晴らしい!
主人公の歴代ジョジョたちはもちろん、彼らと戦う敵もみんな前向き。
信じたもののために全力投球、絶対あきらめない。
こんな見事な「人間賛歌」見たことない。

もー、解説によってこの黄金の精神の素晴らしさを伝える自信など全然ないので、
一人で楽しく「なんでもランキング」するから。
それ意味あんのかとか思わないで。わたし超たのしーから。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

2006年現在完結している6部までの全80巻(ズギュゥゥン!)の中で勝手にランキング。
挙げたらきりがない項目でもとりあえず6位まで。
時間に余裕のある方は最下の「解説付きランキング」からご覧下さい。

・好きな部ランキング------------------------------------------------------

  1位 4部 東方 仗助 -ダイヤモンドは砕けない-
  2位 5部 ジョルノ・ジョバァーナ -黄金の風-
  3位 2部 ジョセフ・ジョースター -戦闘潮流-
  4位 6部 空条 徐倫 -ストーンオーシャン-
  5位 3部 空条 承太郎 -スターダストクルセイダース-
  6位 1部 ジョナサン・ジョースター -ファントムブラッド-



・好きな歴代JOJOランキング-----------------------------------------------

  1位 東方 仗助 (4部) 
  2位 空条 承太郎 (3部)
  3位 ジョセフ・ジョースター (2部)
  4位 ジョルノ・ジョバァーナ (5部)  
  5位 空条 徐倫 (6部)
  6位 ジョナサン・ジョースター (1部)



・敵ボスランキング----------------------------------------------------------

  1位 DIO (1部) 
  2位 DIO (3部)
  3位 吉良 吉影 (4部)
  4位 カーズ (2部)  
  5位 プッチ (6部)
  6位 ディアボロ (5部)



・ヒロインランキング-----------------------------------------------------------

  1位 山岸 由花子 (4部) 
  2位 リサリサ(エリザベス・ジョースター) (2部)
  3位 トリッシュ (5部)
  4位 杉本 鈴美 (4部)  
  5位 エリナ・ペンドルトン(ジョースター) (1部)
  6位 空条 ホリィ (3部)



・名脇役ランキング----------------------------------------------------------

  1位 ブローノ・ブチャラティ (5部) 
  2位 スピードワゴン (1部)/ ウェザー・リポート (6部)
  3位 岸辺 露伴 (4部)
  4位 プロシュート (5部)  
  5位 広瀬 康一 (4部)
  6位 イギー (3部)

これはちょっと6位までじゃキツイな…。



・名(迷)セリフランキング---------------------------------------------------

  1位 「さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!
      そこにシビれる!あこがれるゥ!」(ディオの信望者たち 1部) 
                
  2位 「だが断る!」(岸辺露伴 4部)
         
  3位  「アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ
      アリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)」(ブチャラティ 6部)
          
  4位 「質問を質問で返すなあーっ!!」 (吉良=川尻 5部)
           
  5位 「こいつにスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」(フーゴ 5部)
          
  6位 「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ」(ンドゥール 3部)
          
  7位 「ウンまああ~いっ!こっこれは~っ!この味わあぁ~っ!
      サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!
      チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!
      “ハーモニー”っつーんですかあ~、“味の調和”っつーんですか~っ!
      例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!
      高森朝雄の原作に対するちばてつやの“あしたのジョー”!」(億泰 4部)
           
  8位 「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」(ジョナサン 1部)
           
  9位 「『覚悟』とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!」(ジョルノ 5部)
           
  10位 「落ちつくんだ…『素数』を数えて落ちつくんだ…『素数』は1と自分の数でしか
       割ることのできない孤独な数字…わたしに勇気を与えてくれる。
       2…3…5…7…11…13…17…19」(プッチ 6部)
          
しれっと10位まで書いてみた。公約は破る!


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


いままでで一番、時間と容量をついやしております。
「愛=理解」!って6部当時の担当編集者も言っていた。まだまだ理解を
深める必要がありそうだが、愛があるからいつかきっとたどり着ける。
アルティメット・ジョジョラーに。

ちなみにライフログは1部、5部、6部より。

最後をしめる言葉は、大変ありきたりだけど、これしかない。ディ・モールト素晴らしい!5点!

解説付きランキング
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-17 01:46 | 作者名 あ行 25件
奥浩哉 「GANTZ」 1~19
奇妙なテンポ、異様な設定、執拗なエロ。

まだ謎が全然収集されてない段階なので、あんまり説明くさいこと書くのやめよ。
連載中でアレだけど、この作品の一番の盛り上がりは6巻~10巻かと!

6巻てのは仏像編がはじまるところなんだけど、それまでダメダメだった玄野が
GANTZの世界で戦いという居場所を見つけてしまい、増長していくのよね。
しかし、自分の驕りのせいで仲間が死に、ようやく自分にとって本当に大事だった
ものに気付く。
ひとり生き残った玄野は無気力に生活を続けていたけど、罰ゲームで付き合うことになった
地味な女子・小島といつしか心を通わせるようになり、こんどこそ大事なものを護ろうと
決意をする。

10巻ラストで、小島が幻想だったという夢を見て涙を流す玄野が本当に切なくて、
目が覚めてほっとしてまた泣く彼につられて泣きました。
「もう、俺は ひとりじゃない…」
いままで弟への劣等感を抱えて生きてきた彼は、ずっと人から認められたいと
思い続けていた。GANZの戦いのなかで一度はそれを得たが、結局それは
歪んだ優越感しか生まなかった。小島に愛されることでようやく解放されて、
「生きたい」と強く思うようになったわけですね。いい話だなあ。

ま、そこからいろいろあり、小島死んじゃうし、弟が敵だし、黒スーツ集団だしで
今現在どこで話に決着つけるか、まるで見えん!締め方によっては傑作たりえると
思うんだけど。

CGを駆使した精密な描写、迫力があるのに静止画のような妙な戦闘シーン、
リアルすぎてテンポの悪いセリフまわし、巨乳など、おさえたいポイントはさまざま。

結局説明くさいレビューになったけど、あんま深く考えずに読むことを薦める、4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-30 23:41 | 作者名 あ行 25件
久保帯人「BLEACH」 1~24
ユウレイの見える高校生・黒崎一護(葉くんじゃない)の前に突然死神(リュークじゃない)が
現れる。家族を護るために、死神・朽木ルキア(キルアと間違えるな)からやむなく力を
譲り受け、落ちた魂・虚(ホロウ)と戦う一護と仲間達の物語。
しょっぱなからつっこみまくってしまった。
でもね、シャーマンキングや幽々白書や攻殻機動隊との類似分析など
する気が起こらなくなるくらい、オリジナルで壮大でその上精密機器的構成な広がりを
見せていくから!大丈夫!

実際、6巻末から始まるルキア救出編ではあっちの世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)
に繰り出してのてんやわんやで、護廷十三隊なる死神集団の登場でキャラ数が急増。
単純に十三隊に隊長と副隊長で26人。それらが一気に出てくるから、オイオイ大丈夫かよと
思ったさ。
しかし、これだけの人数出して、無駄キャラが本当にいない!
弱いヤツから対戦していく形式ではなく、それぞれにしっかりとした背景を持っていて、
一護軍と戦ったり、戦わなかったり。みんながわりとバラバラに行動した結果、
最終的には20巻にてひとつの真実が明かされ、読者にカタルシスをもたらす…
ておおげさか?

まあ、あれだ。いつもどうりネタバレもへったくれもない感想書くから、もしもこれを
読む人の中に、これからBLEACH読もうと思ってる・もしくは読み途中だけどまだ20巻
いってないっていうタイミングの悪い人がいたなら、Moreは読まないでください。

あまり期待していなかったのに、なんてうれしい誤算か。
ギャグもわりとおもしろいが、2巻の「モラトリアムだな」がツボな私は
賛同を得られますか?5点!!

More
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-08 23:51 |       か行 22件