タグ:女性作家 ( 32 ) タグの人気記事
木原敏江 「摩利と新吾」文庫 全8 
「ウォーッス!」「バッキャローっ!」「うむ じつに」「おのおのがた」などの
普遍的な名文句を生み出した、青春マンガの傑作。
間違いなくドジさまこと木原敏江の代表作。オロロ~ン。


か…、かけない。
自分のレビューの至らなさに恥ずかしくなったときには、作中の名台詞を引用して
その偉大さの影に隠れてやりすごすという手法もあるけど、この作品は
誰のこの一言がどうとか(名台詞は多いけど)いうことでその真髄を語ることは難しい。
つまり群像劇なのですよ。明治末期から大正の旧制高校を舞台とした
心優しき野蛮人たちの成長期。青春の記録。

主人公の摩利と新吾は生まれたときからの親友であり、お神酒徳利(ふたつでひとつ)と
呼ばれるほどの一心同体コンビ。2人がその学力・腕っぷし・人望・容姿を買われて、
持堂院高校入学早々、生徒会機関である全猛者連の会長に抜擢されるところから
物語りは始まる。
学生生活のなかで、摩利は新吾への恋心に気づき、それが以降物語の根幹であり
通奏低音として流れ続ける。んだけど、全然同性愛マンガとして読む必要はないから。
摩利の親友を思う切ない気持ちや、新吾の親友を気遣って答えようとする必死さは
あまりに正直で自然で、さらに必然的。
どこかで聞いたような台詞ばっかりで、すっとろいキャラクター満載の、
あざとい展開をあざとい演出で見せる最近の一部のドラマや映画を作る方々に
ぜひ、ぜひ!読んでもらいたいものです。

1巻の特に1話が顕著だけど、最初はコメディーを超えてほぼギャグです。
主人公たちの専攻がドイツ語必修なので、日常会話にしばしばドイツ語が登場する。
「アッハ シューネ マリィ(ああ うるわしの摩利くん)」など。いちいち訳が付きます。
「おれは新吾をひと目で愛してしまったのだ!
熱烈なフロイントシャフト(友情)を感じている」(四季遥)
クナーベン リーベ(少年愛)でしょう?」(摩利)
どうしてそこだけドイツ語なんだー!と逐一つっこみたくなる。
序盤がこんなノリだから、中盤からのシリアス8割な展開に、常に不安と対峙しながら
読まねばならない。2人が欧州へ行ってからは特に。
しかし、そんな序盤も無駄な話はひとつもなく、本当に全ての話がこのラストのためには
必要だったと思うと、ますます木原大将に足を向けて眠れないのです。拝伏。

物語もすばらしいけど、もちろん絵も語るときりがない。
3巻あたりから特に繊細さに磨きがかかって、デッサンも良好に。
アンジェリクの頃にはまだ見られなかった、指先の色気もムンムン出始めた。
木原マンガの月系美人(滝川篝や「アンジェリク」のフィリプ、「鵺」の篠夫ナド)代表の
鷹塔摩利さまの美貌もここにきわまれり
というかんじで。最高です。
欧州編からはこのお方の衣装センスとそれを描く巧みさが際立つし、コマわりでの心情の
見せ方とかもよい。(摩利が立ち直る展開、新吾との再会、よかったなあ)

彼らとあまりに長い時間を共有するので(メインで15年、全45年!)、読後は
例のごとく「ホゲー」っとしてしまうのだが、何度読んでも薄れることのないこの高揚感!
とてもわずか8冊とは思えない濃密さ。
5回読んで真価がわかる作品。

至純のロゴスと至高のパトスをば、共に追い磨いていくための青春のバイブル!(超)5点!!
けっきょくいっぱいかいちまった。静聴を感謝する!バッキャローっ!


「摩利と新吾」イラレ絵

既読の方へ「摩利と新吾における女性/キャラの死について」
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-20 02:06 |       か行 22件
木原敏江(原作A&Sゴロン) 「アンジェリク」文庫 全3 
ついに我が青春のバイブル、木原敏江の書にたどり着いてしまった。
17世紀フランス、ルイ14世の時代に波乱の人生を歩んだアンジェリクと、
彼女を愛したジョフレ、ニコラ、フィリップの3人の男の物語。

感想書くためにさらっと読み返そうと思ったら、結局5時間ぶっとおしで
涙ながらに完読してしまった。ばか。

宮廷内の争いから発展するドラマティックな物語も読み応え十分だが、
それらに説得力を持たせているのは個々のキャラクターのあふれんばかりの魅力。
木原さんはなんて豊かに人間を描くんだろう。
奔放で正直なみどりの目の美少女アンジェリク。
体が不自由で顔に傷があるが、不屈の精神と王者の度量の持ち主ジョフレ。
社会の底辺に落ちてなお明るさと優しさを失わないニコラ。
美貌のお人形として宮廷で持て囃されているが、誰にも心を開かないフィリップ。
結果的にアンジェリクが3人全員と結婚することになるのがちょっとウケる。
愛するジョフレと婚約しているのに、初恋の人フィリップに踊りに誘われる
ことを期待したり、ジョフレと死別したためニコラと結婚したが
生きていたことが分かるやはりジョフレの方に行ったり、
しかしジョフレに奥さんがいたと知ったショックで気が動転して
ニコラを差し置いてフィリップと一夜を共にしたり。
これだけ見ると「アンジェリク許すまじ!」って思うけど、
それでも憎めないし、愛しく思えてしまうのがこの女のすごいところ。
そして同時に原作ゴロンさんと木原さんのすごいところ。

が、一番語りたいところは脇役にあり。
それは同時にオーラスネタバレなので別枠に。
↓「アンリ・ド・ボーフォールとクロード・ル・プチを称えるの会」より。

もう戻れない遠い昔を懐かしむような、胸をゆるりと締め付けるラストに落涙。4.5点!

「アンリ・ド・ボーフォールとクロード・ル・プチを称えるの会」
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-12 17:55 |       か行 22件
羽海野チカ 「ハチミツとクローバー」 全10
ふわふわなだけじゃない。辛みとしょっぱみを糖コーティングしたバランス感覚が絶妙。

これ気になってから読むまでけっこう長かったんだよな。
だって帯に「トキメキ☆逆走ラブ・ストーリー」とか書いてあるし…。
他、「登場人物全員片思い」とか「2つの三角関係」とか、あううってなる単語がいっぱい。
でもここまで人気になってるからには面白くないわけもないし。なにより某ナホコ氏が
他ブログで褒めていたのがきっかけで、読んだ!ようやく!

そしたらやっぱ、読まず嫌いだった。

物語は序盤、美大と寮を舞台にした若者達の青春コメディーの様相。
美大だけに(?)変態的な先輩やら、鉄腕の美女やらが時に騒々しく時に切なく
物語を進めていく。主人公のひとり、はぐちゃんもわりとマスコット的な位置付け。
どこから、というわけでもないけどあえて言うなら真山が社会人になってから、
小さいところをくるくる回っていたようだったこの物語が、大きく走り出したなーと
感じた。もちろん作者の狙い通りだろうけど。
登場人物それぞれ(森田さん以外)が社会とかかわりだして確固たるものを
持たない自分に不安を抱き、それに恋の悩みがあいまって、不安定ながら何かを
掴もうともがく。
時にそのこっぱずかしさは、見るものをもだえさせるけど、同時に共感せずにはいられない。
ちくしょう、あゆみ、いじらしいぜ。

青春スーツを脱げたと思ってる人、読んでみよう。もう一度着れるよ。
その他、細かいことはMoreに!
(2006年5月 記す)

-------------------------------------------------------------------------

そして、2006年10月、10巻にて完結。
文字通りハチミツとクローバーで締めくくった、どこまでも見事な最終回だった。
以下、いつも以上にネタバレ。

はぐみの手の怪我から一気に物憂いムードになっていったけど、
それを通過してみんなが自分は何をしたいのかを考えるようになる展開がイイ。
で、最終的にはぐちゃんは先生と共に生きることを選び、それをお願いするというのは、
少々びっくりしたのだけど、きれいごとばかりじゃなくて、結果かなりよかったなと思った。
安易にはぐちゃんが恋愛に走ったり、実は先生のことを愛してしまった(まあ好きでは
あるんだけど)とかさぶい流れじゃなくて、絵を描くために、治療のために必要だから
一緒にいてくださいっていうストレートさが、潔くて感動した。
花本先生はリカとの共生でもそうだったけど、自分以外のものを一番愛している人も
心から大事にできる。なんて大きな人間なのだろう。作中で一番すきかもな。

あゆみと野宮も大いに見所でした。長くなるのはアレなんですっきりまとめると、
野宮のひとりSMっぷりと、横浜の名所大桟橋でのストレートラブにじーんときた。
というかんじ。

そして最終回は影の薄い主人公が竹本君がちゃんと締めてくれました。
泣かしてくれました。
 「オレはずっと考えてたんだ うまく行かなかった恋に意味はあるのかって
 消えて行ってしまう もの は 無かったものと同じなのかって…
 今ならわかる 意味はある あったんだよここに」
ひとりの未熟な少年が、恋をし、相手を思うことで自分自身をも見つめ、
からっぽではないかと不安になり、失敗しながら成長するという
普遍的な物語だったことが分かった。

基本的に最終巻に番外編や、ましては別作品が入ってくるのは嫌。
だけど、「ウミノとゆかいななかまたち ハチクロ☆フィナーレ編」は
本編ばりにG☆Jだった。
長年読み続けて、生活を共にしてきたようなマンガがある。
ある日物語が終わりを迎えて、これ以上先を教えてくれなくなる。
取り残されたような気分だ。立ち直るのに数日を有するほどの作品もある。
でもそれは作品を作ってる本人が誰よりも強く感じることなんだな。
喪失感を乗り越え次作へ続ける。そのパワーを本当に尊敬します。そして感謝します。
ありがとう。

前回の好き度を改定します。5点。

ライフログ、最終巻に変更。

More
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-08 18:08 | 作者名 あ行 25件
川原泉 「メイプル戦記」文庫 全2
キミもメイプルしてみない?
プロ野球選手を募集しています。審査参加資格は女性であること。
目指せ年俸一億円。

なーんてな。

「甲子園の空に笑え」で豆の木高校を率いた女流監督、広岡さんが
今度は女性(一名オカマ)だけのプロ野球球団「スイート・メイプルス」の監督をやることに。
東京タイタンズや広島プーカ等、セ・リーグの球団相手にのんびり野球で
渡り合っていく。

いやー、もう好きだーこれ。
野球好きはペナントレースのぶっとんだ、しかしリアルな(球団事情とか)展開が
たまんない。
そうでない人は、体は男、心は女の瑠璃子ちゃんの泣かせる恋とか、
タイタンズ(元ネタはもちろん巨○)投手の別居中の奥さんの奮闘とか、
メイプルス選手の諸事情を楽しむも良い。
歴代川原オールスターズに「にしし」ってなるも良し。
現(2006シーズン)中日監督の落合さん(作中では落葉井)の三冠を拝むも良し。

余談だけど、この頃から「はみだしっ子」の故・三原順さまに一部絵が似てきてる。
1巻192頁の小早川君なんて後期三原にそっくりだぞ!
お付き合いがあったようだけど。

集大成だぞ。これ。5点!!

しかし、西部の元オーナー堤はんは作中の鼓(つづみ)はんのように
最終的に善意の人だった、というオチは期待してはならない。
考える社員はいらないって!?
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-14 21:47 |       か行 22件
川原泉 「バビロンまで何マイル?」文庫 1
グノーシスからもらった指輪で、ジュラ紀だとかルネサンスイタリアだとかに
強制タイムスリップさせられてしまった高校生・仁希(女)と友理(男)のお話。

2話目(というか2地目)のイタリア、チェーザレ・ボルジアがおっもしろい!
歴史書としても十分なほどに知識がつめこんであるけど、ちゃんとストーリーとして
泣かせどころもあったり。ルクレツィアが健気で…。
チェーザレのところにダヴィンチがお世話になってたり、教科書では触れない
歴史上の面白さがつまってる。(超余談だけど、「坂の上の雲」の正岡子規と
夏目漱石の友人関係にもはじけさせられた。そこつながってたの!?って)

チェーザレは妹のルクレクィアを政略結婚に使いまくって、相手国が反逆を企てそうに
なったり利用価値がなくなったと判断すると、なんくせ付けて離婚させたり、
旦那を殺したり(ひどすぎる!)好き放題に利用する。
「ルクレツィアは役に立つからかわいいのです」とかいって浮かべる笑みは
極上サディスティック。けっきょく好きなくせにね。
最終的には頂点から一気に転落。自殺同然の戦死を遂げる。
彼もあの時代に生きて自分の手腕によって国を守ろうとした人のひとりなんですよね。
て川原マンガでそこまではわかんないけど。適当御免。

あと衣装がたまんないよなー、ルクレツィアの胸下切り替えで袖の膨らんだドレス!
アルフォンソ君の頭にちょこんとのっけたかぼちゃぼーし!
ボルジア卿のフリルのスタンドカラー!
いいなー、扮装したい。

つーか、主人公ほんと傍観者だから。友理好きなのにぜんぜん語れなかった。
「世界史の教科書を見るよりこれを読め!リスト」に加える一作!4.5点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-11 13:44 |       か行 22件
川原泉 「中国の壺」文庫 全1
まだまだつづくよ川原マンガ。

いやー、飛竜はかわいいな~。
「美貌の果実」のぶどうの精『精さん』と同じく、この「中国の壺」の飛竜は
川原ローファンタジーの「見守る人(精)」。
何をするでもなく主人公のまわりを漂って、生意気いったり説教したり。
でも寂しいときに傍にいてくれて、一番心配してくれる。
あれ、どことなく藤原佐為じゃん!

この1冊はタイプの違う歴史ものが2作。
遣唐使としてやってきた日本人を死なせてしまい、「穴があったら入りたい」という
願いを聞きとげられて、壺の精になってしまった中国人・飛竜とその日本人の
子孫のおはなし「中国の壺」。
江戸中期のお殿様と奔放なお姫様の日常と、ちょっとしたマツタケ事件を描いた
「殿様は空のお城に住んでいる」。(主人公男女2人に最終的に子供ができている
という川原作品では珍しい展開。ほんのひとコマだけど)
他はシリアス殺人事件ものと…、あ!囲碁マンガ入ってる!
ほら~(?)やっぱり佐為つながりだ~!

実はラストに収録されているエッセイマンガ「追憶は春雨じゃ」が一番好き。3.5点
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-09 02:43 |       か行 22件
川原泉 「フロイト1/2」文庫 全1
表題作の中篇に短編6話を加えたちょっと厚めの一冊。

今までさんざん心理学的、哲学的言い回しを多用してきた川原さんですが
「フロイト1/2」ではまんま、深層心理学の創始者ジークムント・フロイトが
フィーチャーされてるんで、そりゃもー濃厚で。
ニュートン・デカルト的枠組みを突破して「コペンハーゲン解釈」に問題が残るけど
結果「多世界解釈」なわけで。(P26)
てそんな小難しい話じゃないけどね。
魂だけの存在となったフロイトが、小田原で提灯売ってるからね。「風呂糸屋」とかいって。

「良い夢」を呼ぶ二つ一組の提灯を二人で分けてしまったため、夢を共有する
ことになった男女の物語。
今読み直したけどこれ、桜井敦子様がでてるんだよなー、「笑うミカエル」で
一臣殿下と見合いするあのお嬢様。ゲームソフトの登場キャラとしてネコカブリーズが
出てるけど、敦子様は実在キャラ扱い。穴田アナばりのマルチっぷり。
いやー、毎回断られてかわいそうだのう。
伯爵様から成金にターゲットを下げているところに必死さをかんじる。


表題作以外では、デビュー作「たじろぎの因数分解」が収録されてるのが見所。
初期はほんと絵が大島弓子だぜ。茶髪のツヤ線の入れ方とか。
でもやはりタイトルからも分かるように、不必要と思われるほど、部分的に堅い。
数学だけが恐ろしく苦手な主人公が、数学教師と義兄弟になってしまうという
わりとやっつけな設定なんだけど、主人公の級友であり成績優秀な堤(女)が
ことあるごとに論議をふっかけ、「ゲシュタルト・チェンジしなさい」とか物申すのは
さすが川原教授。すでにできあがっている!
で、その堤が実は主人公のことを好きってゆう、要るのか要らないのかよく
わからん設定まで含めて、このキャラのおかげで単純な少女マンガと一線を
画すことに成功してる。

本能的衝動と超自我が無意識への王道にシフトする作品集。ぎゃはー。4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-05 11:55 |       か行 22件
川原泉 「笑う大天使(ミカエル)」文庫 全2
成金という言葉を、私はこのマンガで知りました。
たぶん川原作品で最も知名度の高い作品。映画化したしね。
聖ミカエル学園に通う、猫っかぶり娘3人組の長編物語。

もーほんとサイコーだよ、笑かしてくれるし泣かすし。カーラ君のマンガは
短編もいいけど、キャラクターが立っていて設定が面白いので長編も素晴らしい。

本編は、史緒、和音、柚子の三人娘が科学室にて沼色と国防色の液体を
混ぜたことで手に入れた怪力を使って、神父に化けたイタリア人に攫われた
お嬢様方を助け出すというもの。ん、よくわからんな。

名言のオンパレードなのでちょっと抜粋。
「原色・華麗・極彩色の外国料理より 淡白・質素・パステル調の日本料理を
私は愛する!アジのひらきにぼんのうしてどこが悪い!」
(史緒 学校の雑木林でアジをくわえる姿を見られて)

「それならば この沼色と国防色を まぜるだ
(三人 科学室にて)

「イタリアの変態はイタリアに帰すのがスジだよな」
(和音 マリーニ神父に不審を抱いて)

で、2巻に収録されてるサイドストーリーが、これまたすごくいい。
というより、こっちが「笑う~」の真髄といったかんじ。
和音と、仲の悪い両親、面倒役の若槻俊介の関係の変化を描いた「空色革命」。
柚子が国語教師ロレンス先生宅で出会った、オペラ歌手としゃべる人形との
楽しく悲しい休暇を描いた「オペラ座の怪人」。
史緒と、16年間生き別れていた兄一臣との交流を描く「夢だっていいじゃない」。

「空色革命」で和音父が、お城付き成沢家のお嬢様に求婚する際に
「お嬢様を下さい そのかわりお城の件は引き受けます」といおうとして
「お城を下さい そのかわりお嬢様の件は引き受けます」といい間違えてしまい
その後結婚してもずっと意地の張り合いを続けてきたというのがウケる。
20年経ってようやく意地を張るのをやめ、二人でお城にでかける姿は感動的だ。

とにかくすべてがいい!最強の2冊!めちゃくちゃまじめにレビューかいちまった!5点!

あ、映画についてはMoreに。

More
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-25 17:38 |       か行 22件
川原泉 「美貌の果実」文庫 全1
80年代後半の、絵にも話にも長台詞にも油が乗りまくりの頃の作品を
集めた短編集。

改めて内容を見返すと、すごい。サンヨーオールスターゲームだぜ。
表題作の農牧シリーズ(勝手に命名)に、大人を泣かす「架空の森」、
これぞ川原ファンタジーな「森には心理が落ちている」など、三割バッターが
揃いも揃ってバントをかますような贅沢さだ。
なんかニヤついてきた。

表題作を差し置いて「森には心理が落ちている」について思うところを。
主人公の雪村霙(みぞれ)さんが、しゃべる亀にけっつまずいて
亀になってしまった。(シュールだ)
現場を目撃していたクラスメイトの氷室冬騎さんの家に、ペットとしてやっかいになるが
どうやら冬さんは母親にだけよそよそしい。なぜだろうか。そして人間に戻るには
どうすればいいのだろうか。
というおはなし。

男勝りの無骨な主人公が多い川原マンガのなかで、この雪村さんは非常に女の子らしい。
で更に、片親のいない主人公が多い中(なぜ…)、彼女は両親とも亡くしていて
一人暮らしをしている。
だのに、明るくつつましやかで健気な雪村さんに、冬さんと同調して心を溶かされるわけです。
ラストの冬さんの独白がよい。
―僕にはすてきなカメがいる 
  誕生日にひとりでケーキ勝って 
        ひとりでローソク立てて 
        ひとりで御祝いパチパチパチ
  そーゆーすてきなカメだった
本人が照れ屋なのか、男女の物語が多いのにあえて直接的な告白を描かない著者が
真っ向から「好きだよ」を言わせた貴重な作品。じーんとするよ。

初めて川原作品を読むという方に、オススメするなら「笑うミカエル」かこれだな!5点!!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-24 16:03 |       か行 22件
川原泉 「甲子園の空に笑え!」文庫 全1
野球、ゲートボール、フィギュアスケートを扱った中編集。ゲートボールて…。少女漫画だよ?

表題作「甲子園の空に笑え」は田舎高校に就任した生物教師(女性)が
人手不足から野球部の監督に指名されてしまい、お気楽なナインをひきいて
甲子園を目指すというおはなし。
主人公の女性監督、広岡さんのクールっぷりがいい。
巨人の星の、ささいなことですぐ感動して泣き喚く少年たちに対し
「常軌を逸したあの興奮状態は、交感神経のいじょうだな、きっと…
病院に行ったほうがいいぞ、星君」
さすが生物教師。燃える闘魂とは無縁。
でも人のよい校長にお願いされて、ぶつぶつ言いながら結局OKしちゃうんだよね。
川原マンガのキャラは熱い情熱を持たないようで、実は人情にあふれてる。

この一冊では、フィギュアスケートを描いた「銀のロマンティック…わはは」が大好きだ。
有名バレリーナの父を持ち本人も素質はあるが、動作があまりにテロリズムな由良(女)と、
スピードスケートで名を成したが、試合中の怪我のため道を断たれた影浦(男)が
ペアとなってフィギュアに挑むというおはなし。
影浦の以前の怪我が悪化し、これかぎりの世界選手権をすべる二人の満面の笑みが
切ない。今読み返したけど、ほんと、愉快なのに息苦しいほどせつねーよ。
ラスト、二人の後姿が雪でかすむ最後コマで、世界選手権の点数がようやく明かされる。
テクニカル・メリット 6.0 6.0 6.0 6.0…
アーティスティック・インプレッション 6.0 6.0 6.0 6.0…

「…わはは」にこめられた照れ隠しがかわいい。4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-17 01:39 |       か行 22件