タグ:女性作家 ( 32 ) タグの人気記事
川原泉 「空の食欲魔人」文庫 全1
きたきた~、カーラくん。
私はこの人の作品を手に取るまで、文庫マンガとは手塚治虫先生に
許された特権かと思ってた。なぜだか。
だからあのサイズのマンガを手に取ったときになんともいえない
違和感を持った。それまでりぼんっ子だったし。
でも違和感は別にサイズからきたものだけじゃなかったことに気づいた。
今まで触れたことがなかったような川原泉独特の作風に中てられてた。

哲学的で、やる気がなさそで、盛り上がりに欠けて、つかみどころが
ないのだけど、どのページからもやさしさと笑いがにじみ出ている。
カーラくんのマンガはそんなかんじ。

で、この一冊はこれからぞくぞく出版される川原文庫マンガ一冊目となる短編集。
食によって結ばれる人々を描いた食欲魔人シリーズ6作と他、初期短編3作。
特に好きなのは食シリーズでは「不思議なマリナー」。
主人公がつり好きの女子高生という設定がまず絶好調で。
ちなみに「笑うミカエル」の聖ミカエル学園、初出しはこの作品。
なんか忘れられないセリフ「磯の王者イシダイ様の三段引きだあ~!」
「イシダイ様の前では釣り人はみな沈黙する」のせいで、
イシダイは様をつけるべきお方だという暗示から抜けられない。

他の短編、猫をかぶった義姉弟の反目の恋愛(?)を描いた「三月革命」。
これ、全川原短編の中でも1,2を争うほど好き。
川原作品には猫かぶりや、世間にうまく迎合できない人がよく描かれる。軽いタッチでね。
他人に見せられない部分があった方が人間はおもしろい。カーラくんんはそれを描くのがうまい。
ラスト、猫っ面を脱いで姉に冷たくあたっていた浩生くんの独白。
「やっぱりだめだったよ、あなたの背負っている猫ごと好きでした。」
そして、お互いのタテマエを超え、なんとなーく手をとり合う。
このぼんやり感になぜか感動してしまう。

川原マンガの特徴、食べるときの擬音「もぎゅもぎゅ」「ぐび~」なども絶好調。
ちなみに初期の絵は大島弓子さんを崩した様な絵です。それだけ。
言動、行動共に否応無しに影響を受けてしまった傑作集、4.5点。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-07-10 00:40 |       か行 22件
小畑健/ほったゆみ 「ヒカルの碁」 全23
碁マンガであり、ファンタジー、少年成長録、美青年画集、
さまざまな読み方ができる優れた作品。

碁盤に宿った平安時代の天才棋士の霊、藤原佐為。
佐為に取り憑かれ、代わりに碁を打つことになった、進藤ヒカル。
ヒカル(佐為)の強さに打ちのめされ、彼を追うことになる天才少年、塔矢アキラ。
この三人と碁界で生きる人々の物語。

碁なんていう、ルールの複雑な競技をよくまあマンガで!と思うけど
よく考えれば小説より映画よりは、ずっと合ってるよね。
難しい局面になるとどのあたりがどーなって投了なの?ってかんじだが、
それをあえて説明せず、戦うふたりの心境で分からせるっていうのはいいと思う。

なにはともあれ成人女子は、佐為の美しさ、かわいらしさに殺られながら読むべし。
ときにペットのように、ときに保護者のように、ヒカルにつきまとう佐為。
ヒカルに碁に興味を持ってもらおうと必死になるのに、いざヒカルが碁を好きになって
自分で打ちたいと言い出すと、むくれてしまう佐為。
そして、自分が消える運命にあると知り、未来のあるヒカルにあたってしまう佐為。
「ヒカルなんか、私に勝てなくせに!」
でもけっきょく折れちゃう。「ヒカル、打ちましょ」
……かわいい。

この作品はヒカルが部活で碁に触れてからプロになって最終的には日韓戦の
日本代表として戦うところまでを描いていて、そのステップごとに本当に
おもしろいエピソードが詰まっている。碁の戦いにおいても、ヒカルの
人間的な成長においても。
そのなかでも一番印象深いエピソードは間違いなく、佐為との別れ。
今でもね、泣けるよ。佐為が消えてしまったところよりも、彼がいなくなったことが
信じられずに探し回ったヒカルが、棋院の資料室で佐為のすごさを再認して
「オレなんかが打つより、佐為に打たせてやればよかった!」と号泣するところ。
いっしょに泣きましょう。

他にも、少年たちの不思議な髪型とか、珍苗字とか、伊角さんのだめっぷりとか
緒方先生の白スーツとか、オハナシに関係ないところにも楽しみどころたっぷり。
小畑さんの絵もこの作品の中で変化し、完成していったのです。そしてデスノに続く。

でもとにかく佐為!佐為のほほえみ!佐為の扇子!烏帽子!4.5点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-06-24 23:24 | 作者名 あ行 25件
小栗佐多里 「ダーリンは外国人」 1~2
これ、確かあれだな、専門1年の冬に長旅してから外国にかぶれて、
国外逃亡したい症候群のときに症状をやわらげるために買ったマンガだ。
(そのころ買った他マンガ、「トルコで私も考えた」)
別に外国人のダーリンを欲しいと思ったわけじゃないんだけど。

その後売れすぎてびっくりしたけど、ちゃんと面白いよ。
著者「さおり」の明かす同棲生活の実態は幻想を笑いでぶち壊してくれるし、
外国人に対してのつっこみには誰しも共感するところがあると思う。
そうなのよねえ、欧米のギャグはいまいち沸点が低いかと…。
あと、何年も勉強してるのになんで英語話せないの?って聞くのはやめて欲しいよね。

しかし、さおりとトニーが互いの感性の違いに時に衝突しながらも
互いを尊重して理解していく様子にはちょっと感動してしまったり。
国・文化に関係なく、人と生きていくってこうゆうことだなーなんて思った。
人は誰しも、違う。だから難しいし面白い。
それを異国人同士の生活で見ることでより浮き立たせるという、複雑なギャグエッセイ。

なあんて。普通に笑えばいいさ!涙もろく理屈屋の熊に癒されればいいさ!
て、実在の人物に失礼。
読めば赤いものが食べたくなる、3.5点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-06-05 22:21 | 作者名 あ行 25件
石田敦子 「アニメがお仕事!」 1~4
五十音順が微妙に前後したのは最近買ったマンガだから。
今年の文化庁メディア芸術祭(2回行った。死)で推薦賞かなんか
取ってて、その場で立ち読みして気に入ったので。

双子のアニメーターの奮闘記。周囲の偏見や親の反対を受けながらも
憧れだった仕事を胸を張ってやる二人に感動させられます。
著者は元アニメーターだったというだけあり(というかそうでなかったら描かないか)
この業界の深部まで描かれていて、それだけでも唸るものがあるけど、
双子の姉・イチ乃と弟・二太の専門職社会でもまれていく様が
業界など超えた共感を生むのだと思う。
特に、2巻終りから3巻にかけての二太の挫折。焦りと過信の故の失敗。
そこから這い出すまでの長い葛藤は、どうにもリアルで胸が痛い。
うーむ。傑作の匂いが。

他、二人の広島弁や、イチ乃の野球語りなど、ちょいちょいすてきなエッセンスが。
あ、あと掲載雑誌のせいかな、イチ乃が巨乳です。

タイトルに恥ずかしがらず、読んだら勝ちだ、4点。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-06 23:59 | 作者名 あ行 25件
今市子 「楽園まであともうちょっと」 全3
借金取り浅田君とそのお客、旅行会社社長川江のラブストーリー。
それだけでも珍妙だけど、二人は男同士(あ、やっぱし)。
浅田君はローン会社社長の菊池と付き合ってるし、菊池には奥さんがいる。
川江は別れた奥さん小百合と暮らしてる。
川江の昔の男も山から下りてきて(…)もう六角関係!?

「大人の問題」にみるような、複雑に絡まった人間関係からストーリーが
紡ぎだされていくタイプの作品ですな。

でも単なるドタバタコメディーに終わっていないのは、キャラクターの
書き込みの深さもそうだし、設定がよく生きてる。
この作品の流れを進める装置は、サラ金のほかにもうひとつ、山登り。
川江に連れられてモニターとして参加させられた浅田君が、山に登ることで
かたくなだった表情をやわらげる。
やくざの争いになぜか山登りツアーで決着をつけることになったが、
なんだかんだのうちに解決。
普段金にしばられている人々が無心で山に登ることで解放されて、
ようやく素直な心に気付くという展開が、三巻ラストまでずーっと一貫されている。
やっぱりただのBLではない。

あ、でもわりときわどい描写もあるので苦手な人は気をつけて。4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-04 22:29 | 作者名 あ行 25件
今市子 「百鬼夜行抄」文庫 1~8
律、……好き。

しょっぱなから告白で入りたいくらいに、主人公の飯島律はすてきだと思う。
切れ長の瞳に工夫のないシンプルな髪型、愛想はないが家族思い。
恋人どころか友達もいない。臆病だが行動力はあり。
小さいころから霊や妖魔が見えるという難儀な特性をもつわりには、
わりとスロウな生活を送る男。
なんか、いいんだよね。

律語りはこれくらいにして。
飯島家と妖魔の共存を描く一話完結型の物語ですが、もう、今市子の真骨頂てな
ぐあいにストーリー構築の妙が光りまくってる。
読み進むうちに、作者の狙いが少しずつ分かってくる。
それは読者を騙す(…というと聞こえが悪い)もしくは惑わす(の方がしっくりくるか)こと。
妖魔とのやりとりの、不安な空気感を肌で感じさせること。だと思う。

その最たるは、文庫6巻収録「隣人を見るなかれ」かと。単に好きなんだけど。
まあ、この話はあらすじを書こうとすると否応なしにモロネタバレします。
物語は律を中心とした現在と、律の伯父の開を中心とした26年前とを平行して
描かれているのだけど、読者はふたりとも律だと勘違いするから同時間軸として
読み進めるんだよね。開はよく見れば律より面長でがっしり体系だし、律にいないはずの
友達までいるんだけど、「友達から紹介されたバイト」「来週は法事」等共通の
キーワードですっかり惑わされる。
だけど微妙にかみ合わない。律あんたいったいなにやってんの?
と不安に思ったら、もう今市子の術中というわけです。

他にも、風邪をひいてマスクと帽子を身につけているため正体が判然としない律を
いとこの司が疑う「待つ人々」とか、幽霊視点から描くとなぜか律のほうが不気味に
見えてしまう「秋しぐれ」など。ぞんぶんに惑わされます。

この作品も他の今作品に違わず、女性の存在感の強いこと。
いとこの司は、死んでしまった律の父親孝弘の体に住み着いた青嵐のファンだし、
祖父の代からの因縁の妖魔、赤間(偽名)もぶん殴る。
もうひとりのいとこ晶は石に封じられていた人三化七の三郎と普通に付き合っている。
でもたぶん最強は律のお母さんなんだろうな。

あ、今回のレビュー過去最長?もちろん5点!!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-01 22:49 | 作者名 あ行 25件
今市子 「大人の問題」文庫 全1 
父親の再婚相手は自分と6つしか変わらない美青年。名は海老悟郎(エビゴロー)。
しかして、このカップルのゲイ婚を機に主人公・直人の周囲ではめまぐるしく
人間関係が交錯。それぞれが自分の幸せを掴むため、わがままに行動した末
家族は増殖いくのだった…。

裏表紙のあらすじでは、ファミリーラブコメディーってなってるね。そんなかんじ。

この作品で際立っているのは、主人公の母由美子の奔放なキャラクター。
変態的に愛らしい。
元旦那の再婚相手の兄(妻子持ち。複雑だ…)からプロポーズをうけたときの
舞い上がり方が最高潮にチャーミングだわ。
「頭では分かってるのよ、そんな事できるわけないって。ああ、でもママ舞い上がっちゃって。
ねえなんかママ、今人生で一番輝いてる気がしない!?」

海老家女性陣にしても今さんの他のマンガにしても、主人公の周囲の女性は
世の常識をものともせず我が道をゆくタイプが多い。みなとても魅力的だと思う。

キャラでは負けていないのにエビゴロー語りはなし。読めば分かるさ4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-29 00:15 | 作者名 あ行 25件
今市子 「五つの箱の物語」文庫 全1
作者名「い」は本当に充実しているなあ。今度は今市子かあ。
私はこの人の短編大好き。もちろん長編「百鬼~」も好きだけど、あれも一話完結
だしね。

この、箱にちなんだエピソードの短編集の中では「きみといつまでも休日」が好きだ。
一番ボーイズラブレベルが低いから?(なぜ百鬼以外はみんなあっちなんだろう)

とにかく。突然12センチになってしまった黒岩君に、献身的に世話を焼く小泉君が
いじらしい。ハンカチに穴を開けて貫頭衣を作ったり、ティッシュ箱に入り口と空気穴を
開けて個室を作ったり。このへんのやりとりのテンポ、小気味のよいこと!
事故によって意識不明になっていた黒岩君が回復すると同時に、小泉君の空想の
産物であったちっさい黒岩君は姿を消してしまうわけだけど、短い作品ながら
小泉くんに感情移入してしまいここでしっかり感動しちゃう。
16パージの作品とは思えないほど深みがあるよ。

他の短編もどれも語るに足る珠玉の作品で…。
「図書館で会いたい」と「花曇り」に見るような連作の時間の遡り。今さんではよく見るけど
これって後の話の方をそうとう細かく作りこんでおかないと描けない。
この人の頭はどうなっておるのか、不可思議だ。

短編集だから短くしようと思っていたのについ力がはいってしまった。

萩尾望都さん、山岸涼子さんと並ぶ短編の名手だと思うので4点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-25 22:09 | 作者名 あ行 25件
安野モヨコ 「さくらん」 全1
安野さんの描く和装美人はほんっと色っぽいね。
腰や首の傾け方や、指先の繊細さが見事。

序盤しか出てこないが、玉菊屋一の売れっ子花魁、庄ひ姉さんが印象的です。
女郎になんかなりたくないと言う主人公のトメキ(後、きよ葉)に「お前のような
田舎ゴボウには逆立ちしたって無理じゃ」と言い放つ。その言葉のせいで結局
トメキに「花魁になってみせる」と言わせてしまう庄ひ姉さんの手練手管。
すっかり罠にはまってしまったわけですね。

気になるのが「わっち」「ありんす。」「~じゃわいなあ。」などの吉原言葉(とは一概に
いえないけど)が、現代語とごっちゃに使われているところ。
禿(かむろ。はげではない)が「泣きんしたー」とか言う場面、違和感ないだろか。
実際こういうものだったのか。安野モヨコがわざと効果的に使っているのか。

最終話の「すぼけ○ら」は二、三度目に読むとツボに入ったわ。そんなデカ文字で。

あとさ、表紙に「庵野百世」って印があるよ。本名?

あ、全然ストーリーの本流に触れてない!まいいや3点
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-09 20:47 | 作者名 あ行 25件
安野モヨコ 「働きマン」 1~3
世界一売れる雑誌作るという野望をもつ女性編集者を軸に、社会で戦う働きマンの葛藤と
生きざまを描く作品。
↑なーんてね、このブログでは作品解説みたいなことはせず私の好きなポイントだけ
語るつもりだったけど、このマンガに関しては。自分が勤め出したことで実感するけど
読者に仕事の悩みがあるとすれば、このマンガの登場人物の誰かしらに当てはまる
んじゃないかな。
そういったものを、超人的な才能やらで解決(かわぐちかいじマンの主人公みたいに)する
わけでなく、おしつぶされてダメになってしまうでもなく、なんとか折り合いをつけて
やっていくってとこがリアルで好きだわ。

私が特に共感するのは一巻の「あやまりマン」ね。
主人公松方弘子の彼氏は、自分の希望とは違う仕事を任されていてる。一生懸命やっている
つもりでも人からはテキトーと見られ、そのたびに気のない謝罪をしている。
突然人事異動を命じられ希望部署につけることが決まったが、そのとたん、今の仕事に
悩んでばかりで100%の力でやってこなかった自分に後悔する。
という話。
っても、あたしは別に必要以上にはあやまりませんけどね。
仕事してて辛いなあと思うのは単に体力的に、とか会社の体質と合わない、とか
人間関係とかいろいろあるとは思う。
けど一番は、もっとやれたかもしれないことを、後から思って後悔すること、なのかも。

といういたってまじめな感想を書かせる安野さんの筆力に3.5点
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-08 01:11 | 作者名 あ行 25件