タグ:時代、歴史物 ( 7 ) タグの人気記事
こうの史代 「夕凪の街 桜の国」 全1
原爆マンガって言っちゃっていいのか分からないけど、
最も秀逸な原爆マンガのひとつだと思う。

たった31ページの中で、広島を生きた人の
痛さがちょっと伝わるんだよ。
まさに言葉でなく心で理解できる。

「わたしは 腐ってないおばあさんを冷静に選んで
下駄を盗んで履く人間になっていた

あれから十年
しあわせだと思うだび 美しいと思うたび
すべて失った日にひきずり戻される」

すごい速さで復興して、日常を取り戻したようにみえる
広島で、いつまでも「だれかに死ねばいいと思われた」
という事実から逃れられずに生きる主人公の皆実。
そして、自分もたくさんの人間を見殺しにしたという思いから
誰かに思われて幸せになることを拒む。
ようやく自分の思いを打ち明けることができたとたんに、
坂を転がるように急速に生きる力が抜けていくラストが
衝撃的。

淡々とした、これ以上も以下もないといった語り口に
本当にこの国で起きた恐ろしい事実を思い知る。
でも恐ろしい、悲しいだけじゃない、妙に心温かくなる作品。
全3話あわせて、間違いなく傑作!5点!
[PR]
by nanako_6150 | 2007-03-05 11:55 |       か行 22件
木原敏江 「花の名の姫君」文庫 全1 
4編の歌舞伎作品を、後期木原マンガの独特の、人情味にあふれながらも妙に
あっけらかんとした作風で描いた短編集。

歌舞伎ってほんと、すごいドタバタコメディーだよね。もちろん悲恋も多いけど
あんまり悲壮感はなくって、この一冊で扱ってるのは、和尚さんが煩悩と戦ったり、
お姫さまが泥棒の女房になって復讐を果たしたり、大奥の権力争いだったり、
竜神の化身が人間に誘惑されたり…ネタ的には日テレ連ドラ並み
多数の死傷者が出た割には最後はあっさり大団円で流しちゃうあたりに、「ああ、江戸の
庶民たちはこれを見て 『やーおもしろかった、明日からまた元気に働こー』って思ったの
かな」とか勝手に想像。見た後に後味悪くなるようなのってあんまない気がする。
ドストエフスキーばりの無常作品だと、『オレ人生について考えたいから今日休業』ってことに…
なっても面白いけど。

一話目の「花の名の姫君」(鶴屋南北「桜姫東文章」より)の主人公が使う一人称は
「みずから」です。わたしはこの作品以外でこうゆう「みずから」の使い方をしているのを
聞いたことがない。これは「使ってみたいけど一生その機会がないだろう珍一人称」リスト
間違いなく名を連ねるだろう。

使ってみたいけど一生その機会がないだろう珍一人称

・朕(ちん)      天子じゃないから使えない。しかしまれに文語で常用する日本人がいる
・拙僧(せっそう)  僧じゃないから使えない。しかしまれに常用する非仏教徒がいる
・小生(しょうせい) 女の子なので使えない。実はわりと文語で使う人がいるが、
             あまりへりくだって聞こえないのが不思議。
・わし         老人になってから使いたいが、フィクション以外でご老人が使っている
             のを聞いたことがない。もっぱら小林よしのりとオタク専用一人称
・みずから      身分の高い女性ではないので使えない。たぶん一生ならない。

日本語って奥が深いなーと思いながら、この自由度を楽しもう。3点。
            
[PR]
by nanako_6150 | 2006-10-05 19:54 |       か行 22件
木原敏江(原作A&Sゴロン) 「アンジェリク」文庫 全3 
ついに我が青春のバイブル、木原敏江の書にたどり着いてしまった。
17世紀フランス、ルイ14世の時代に波乱の人生を歩んだアンジェリクと、
彼女を愛したジョフレ、ニコラ、フィリップの3人の男の物語。

感想書くためにさらっと読み返そうと思ったら、結局5時間ぶっとおしで
涙ながらに完読してしまった。ばか。

宮廷内の争いから発展するドラマティックな物語も読み応え十分だが、
それらに説得力を持たせているのは個々のキャラクターのあふれんばかりの魅力。
木原さんはなんて豊かに人間を描くんだろう。
奔放で正直なみどりの目の美少女アンジェリク。
体が不自由で顔に傷があるが、不屈の精神と王者の度量の持ち主ジョフレ。
社会の底辺に落ちてなお明るさと優しさを失わないニコラ。
美貌のお人形として宮廷で持て囃されているが、誰にも心を開かないフィリップ。
結果的にアンジェリクが3人全員と結婚することになるのがちょっとウケる。
愛するジョフレと婚約しているのに、初恋の人フィリップに踊りに誘われる
ことを期待したり、ジョフレと死別したためニコラと結婚したが
生きていたことが分かるやはりジョフレの方に行ったり、
しかしジョフレに奥さんがいたと知ったショックで気が動転して
ニコラを差し置いてフィリップと一夜を共にしたり。
これだけ見ると「アンジェリク許すまじ!」って思うけど、
それでも憎めないし、愛しく思えてしまうのがこの女のすごいところ。
そして同時に原作ゴロンさんと木原さんのすごいところ。

が、一番語りたいところは脇役にあり。
それは同時にオーラスネタバレなので別枠に。
↓「アンリ・ド・ボーフォールとクロード・ル・プチを称えるの会」より。

もう戻れない遠い昔を懐かしむような、胸をゆるりと締め付けるラストに落涙。4.5点!

「アンリ・ド・ボーフォールとクロード・ル・プチを称えるの会」
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-12 17:55 |       か行 22件
川原泉 「バビロンまで何マイル?」文庫 1
グノーシスからもらった指輪で、ジュラ紀だとかルネサンスイタリアだとかに
強制タイムスリップさせられてしまった高校生・仁希(女)と友理(男)のお話。

2話目(というか2地目)のイタリア、チェーザレ・ボルジアがおっもしろい!
歴史書としても十分なほどに知識がつめこんであるけど、ちゃんとストーリーとして
泣かせどころもあったり。ルクレツィアが健気で…。
チェーザレのところにダヴィンチがお世話になってたり、教科書では触れない
歴史上の面白さがつまってる。(超余談だけど、「坂の上の雲」の正岡子規と
夏目漱石の友人関係にもはじけさせられた。そこつながってたの!?って)

チェーザレは妹のルクレクィアを政略結婚に使いまくって、相手国が反逆を企てそうに
なったり利用価値がなくなったと判断すると、なんくせ付けて離婚させたり、
旦那を殺したり(ひどすぎる!)好き放題に利用する。
「ルクレツィアは役に立つからかわいいのです」とかいって浮かべる笑みは
極上サディスティック。けっきょく好きなくせにね。
最終的には頂点から一気に転落。自殺同然の戦死を遂げる。
彼もあの時代に生きて自分の手腕によって国を守ろうとした人のひとりなんですよね。
て川原マンガでそこまではわかんないけど。適当御免。

あと衣装がたまんないよなー、ルクレツィアの胸下切り替えで袖の膨らんだドレス!
アルフォンソ君の頭にちょこんとのっけたかぼちゃぼーし!
ボルジア卿のフリルのスタンドカラー!
いいなー、扮装したい。

つーか、主人公ほんと傍観者だから。友理好きなのにぜんぜん語れなかった。
「世界史の教科書を見るよりこれを読め!リスト」に加える一作!4.5点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-08-11 13:44 |       か行 22件
岩明均 「ヘウレーカ」 全1
ローマとカルタゴの戦い、それに巻き込まれていくシラクサの人々の物語。

といわれてピンと来る人がどれだけいるかしら。塩野七生愛読者なら無問題かな。
でも全く倦厭する必要ございませんよ。そこは岩明先生、しっかりとした人間描写で、
決して歴史を追うだけの俯瞰マンガにゃなっていませんから。

この作品は岩明さんの描く天才の多様さも楽しめる。
主人公のダミッポス(へんな名前)はスパルタからの移民だが軟弱系。
争いを好まないが、恋人の釈放を賭けたローマ軍との戦いでは、知恵と女を使い
見事撃退する。まさに外柔内剛。
あと天才といえばアルキメデス大先生。シラクサの有名な発明家。
作中ではもう70過ぎの老人の為、チャーミングにボケているんだけど、この
奔放さとそれに似つかわしくない残虐な発明品のギャップが怖い。
超高速で飛んでくる巨石で攻撃されるローマ軍の見開きページ、「ひいぃ」だよまじ。
しかし、アルキメデス先生は言うわけです、
「わしの設置した防備もいつかは打ち破られ 敵がなだれこんでこよう。
そして恨みを込めた刃でわしを切り刻む…当然のことじゃ!」
こんな覚悟のある発明家を描ける岩明均がすごい。

現在連載中のヒストリエに向けて予感と期待を抱かせる秀作、3.5点。
[PR]
by nanako_6150 | 2006-05-13 12:09 | 作者名 あ行 25件
井上雄彦 「バガボンド」 1~23
吉川栄治の「宮本武蔵」を原作とした人気漫画ですね、って説明いらないか。

私、スラムダンクでは一部思い入れやキャラ萌え(あ、恥ずかし)でワーワー
言っとりましたけど、これはもう違う次元でポカーンとしちゃう。
隅から隅までどこをとっても完璧で、アシスタント使ってないいんじゃないかと
思うくらい(真相誰か知ってたらおしえて)、全てのコマが井上色。木とか土とか
土に溜まってる雨水とかまで。
芸術作品。

ストーリーやキャラクターの上手さは、どこまで吉川原作に忠実なのか私知らないので
井上さんを褒めたりできないけど、武蔵も小次郎も本当にこういう人物だったのじゃ
ないかと思わせる説得力がある。物語に足がついている感じがする。
おつうとジイさまキャラのかわいさはちょっとあざとい気もするんだけど…まあ好みの
問題かもな。

そーいや、ずいぶん前に(15,6巻が出た頃かな)、友人♂とバガボンド談義をしていて
「又八が、武蔵ら歴史上のスーパーヒーローと現代を結ぶキーパーソンなんだよね。
プロフェッショナルに憧れるし友人が先を行くと焦るけど、実際に行動に移せず失敗に弱い、
現代男性を表現しているんだなあ」とかなんとか、テキトーなことをえらそうに語ったら
「こらーっ」てゆわれました。

苦情は受け付けません。昔のことだから。

完結するのが楽しみなような惜しいような、4.5点!
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-18 20:55 | 作者名 あ行 25件
安野モヨコ 「さくらん」 全1
安野さんの描く和装美人はほんっと色っぽいね。
腰や首の傾け方や、指先の繊細さが見事。

序盤しか出てこないが、玉菊屋一の売れっ子花魁、庄ひ姉さんが印象的です。
女郎になんかなりたくないと言う主人公のトメキ(後、きよ葉)に「お前のような
田舎ゴボウには逆立ちしたって無理じゃ」と言い放つ。その言葉のせいで結局
トメキに「花魁になってみせる」と言わせてしまう庄ひ姉さんの手練手管。
すっかり罠にはまってしまったわけですね。

気になるのが「わっち」「ありんす。」「~じゃわいなあ。」などの吉原言葉(とは一概に
いえないけど)が、現代語とごっちゃに使われているところ。
禿(かむろ。はげではない)が「泣きんしたー」とか言う場面、違和感ないだろか。
実際こういうものだったのか。安野モヨコがわざと効果的に使っているのか。

最終話の「すぼけ○ら」は二、三度目に読むとツボに入ったわ。そんなデカ文字で。

あとさ、表紙に「庵野百世」って印があるよ。本名?

あ、全然ストーリーの本流に触れてない!まいいや3点
[PR]
by nanako_6150 | 2006-04-09 20:47 | 作者名 あ行 25件