タグ:青春 ( 2 ) タグの人気記事
木原敏江 「摩利と新吾」文庫 全8 
「ウォーッス!」「バッキャローっ!」「うむ じつに」「おのおのがた」などの
普遍的な名文句を生み出した、青春マンガの傑作。
間違いなくドジさまこと木原敏江の代表作。オロロ~ン。


か…、かけない。
自分のレビューの至らなさに恥ずかしくなったときには、作中の名台詞を引用して
その偉大さの影に隠れてやりすごすという手法もあるけど、この作品は
誰のこの一言がどうとか(名台詞は多いけど)いうことでその真髄を語ることは難しい。
つまり群像劇なのですよ。明治末期から大正の旧制高校を舞台とした
心優しき野蛮人たちの成長期。青春の記録。

主人公の摩利と新吾は生まれたときからの親友であり、お神酒徳利(ふたつでひとつ)と
呼ばれるほどの一心同体コンビ。2人がその学力・腕っぷし・人望・容姿を買われて、
持堂院高校入学早々、生徒会機関である全猛者連の会長に抜擢されるところから
物語りは始まる。
学生生活のなかで、摩利は新吾への恋心に気づき、それが以降物語の根幹であり
通奏低音として流れ続ける。んだけど、全然同性愛マンガとして読む必要はないから。
摩利の親友を思う切ない気持ちや、新吾の親友を気遣って答えようとする必死さは
あまりに正直で自然で、さらに必然的。
どこかで聞いたような台詞ばっかりで、すっとろいキャラクター満載の、
あざとい展開をあざとい演出で見せる最近の一部のドラマや映画を作る方々に
ぜひ、ぜひ!読んでもらいたいものです。

1巻の特に1話が顕著だけど、最初はコメディーを超えてほぼギャグです。
主人公たちの専攻がドイツ語必修なので、日常会話にしばしばドイツ語が登場する。
「アッハ シューネ マリィ(ああ うるわしの摩利くん)」など。いちいち訳が付きます。
「おれは新吾をひと目で愛してしまったのだ!
熱烈なフロイントシャフト(友情)を感じている」(四季遥)
クナーベン リーベ(少年愛)でしょう?」(摩利)
どうしてそこだけドイツ語なんだー!と逐一つっこみたくなる。
序盤がこんなノリだから、中盤からのシリアス8割な展開に、常に不安と対峙しながら
読まねばならない。2人が欧州へ行ってからは特に。
しかし、そんな序盤も無駄な話はひとつもなく、本当に全ての話がこのラストのためには
必要だったと思うと、ますます木原大将に足を向けて眠れないのです。拝伏。

物語もすばらしいけど、もちろん絵も語るときりがない。
3巻あたりから特に繊細さに磨きがかかって、デッサンも良好に。
アンジェリクの頃にはまだ見られなかった、指先の色気もムンムン出始めた。
木原マンガの月系美人(滝川篝や「アンジェリク」のフィリプ、「鵺」の篠夫ナド)代表の
鷹塔摩利さまの美貌もここにきわまれり
というかんじで。最高です。
欧州編からはこのお方の衣装センスとそれを描く巧みさが際立つし、コマわりでの心情の
見せ方とかもよい。(摩利が立ち直る展開、新吾との再会、よかったなあ)

彼らとあまりに長い時間を共有するので(メインで15年、全45年!)、読後は
例のごとく「ホゲー」っとしてしまうのだが、何度読んでも薄れることのないこの高揚感!
とてもわずか8冊とは思えない濃密さ。
5回読んで真価がわかる作品。

至純のロゴスと至高のパトスをば、共に追い磨いていくための青春のバイブル!(超)5点!!
けっきょくいっぱいかいちまった。静聴を感謝する!バッキャローっ!


「摩利と新吾」イラレ絵

既読の方へ「摩利と新吾における女性/キャラの死について」
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-20 02:06 |       か行 22件
羽海野チカ 「ハチミツとクローバー」 全10
ふわふわなだけじゃない。辛みとしょっぱみを糖コーティングしたバランス感覚が絶妙。

これ気になってから読むまでけっこう長かったんだよな。
だって帯に「トキメキ☆逆走ラブ・ストーリー」とか書いてあるし…。
他、「登場人物全員片思い」とか「2つの三角関係」とか、あううってなる単語がいっぱい。
でもここまで人気になってるからには面白くないわけもないし。なにより某ナホコ氏が
他ブログで褒めていたのがきっかけで、読んだ!ようやく!

そしたらやっぱ、読まず嫌いだった。

物語は序盤、美大と寮を舞台にした若者達の青春コメディーの様相。
美大だけに(?)変態的な先輩やら、鉄腕の美女やらが時に騒々しく時に切なく
物語を進めていく。主人公のひとり、はぐちゃんもわりとマスコット的な位置付け。
どこから、というわけでもないけどあえて言うなら真山が社会人になってから、
小さいところをくるくる回っていたようだったこの物語が、大きく走り出したなーと
感じた。もちろん作者の狙い通りだろうけど。
登場人物それぞれ(森田さん以外)が社会とかかわりだして確固たるものを
持たない自分に不安を抱き、それに恋の悩みがあいまって、不安定ながら何かを
掴もうともがく。
時にそのこっぱずかしさは、見るものをもだえさせるけど、同時に共感せずにはいられない。
ちくしょう、あゆみ、いじらしいぜ。

青春スーツを脱げたと思ってる人、読んでみよう。もう一度着れるよ。
その他、細かいことはMoreに!
(2006年5月 記す)

-------------------------------------------------------------------------

そして、2006年10月、10巻にて完結。
文字通りハチミツとクローバーで締めくくった、どこまでも見事な最終回だった。
以下、いつも以上にネタバレ。

はぐみの手の怪我から一気に物憂いムードになっていったけど、
それを通過してみんなが自分は何をしたいのかを考えるようになる展開がイイ。
で、最終的にはぐちゃんは先生と共に生きることを選び、それをお願いするというのは、
少々びっくりしたのだけど、きれいごとばかりじゃなくて、結果かなりよかったなと思った。
安易にはぐちゃんが恋愛に走ったり、実は先生のことを愛してしまった(まあ好きでは
あるんだけど)とかさぶい流れじゃなくて、絵を描くために、治療のために必要だから
一緒にいてくださいっていうストレートさが、潔くて感動した。
花本先生はリカとの共生でもそうだったけど、自分以外のものを一番愛している人も
心から大事にできる。なんて大きな人間なのだろう。作中で一番すきかもな。

あゆみと野宮も大いに見所でした。長くなるのはアレなんですっきりまとめると、
野宮のひとりSMっぷりと、横浜の名所大桟橋でのストレートラブにじーんときた。
というかんじ。

そして最終回は影の薄い主人公が竹本君がちゃんと締めてくれました。
泣かしてくれました。
 「オレはずっと考えてたんだ うまく行かなかった恋に意味はあるのかって
 消えて行ってしまう もの は 無かったものと同じなのかって…
 今ならわかる 意味はある あったんだよここに」
ひとりの未熟な少年が、恋をし、相手を思うことで自分自身をも見つめ、
からっぽではないかと不安になり、失敗しながら成長するという
普遍的な物語だったことが分かった。

基本的に最終巻に番外編や、ましては別作品が入ってくるのは嫌。
だけど、「ウミノとゆかいななかまたち ハチクロ☆フィナーレ編」は
本編ばりにG☆Jだった。
長年読み続けて、生活を共にしてきたようなマンガがある。
ある日物語が終わりを迎えて、これ以上先を教えてくれなくなる。
取り残されたような気分だ。立ち直るのに数日を有するほどの作品もある。
でもそれは作品を作ってる本人が誰よりも強く感じることなんだな。
喪失感を乗り越え次作へ続ける。そのパワーを本当に尊敬します。そして感謝します。
ありがとう。

前回の好き度を改定します。5点。

ライフログ、最終巻に変更。

More
[PR]
by nanako_6150 | 2006-09-08 18:08 | 作者名 あ行 25件