<   2007年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
こうの史代 「夕凪の街 桜の国」 全1
原爆マンガって言っちゃっていいのか分からないけど、
最も秀逸な原爆マンガのひとつだと思う。

たった31ページの中で、広島を生きた人の
痛さがちょっと伝わるんだよ。
まさに言葉でなく心で理解できる。

「わたしは 腐ってないおばあさんを冷静に選んで
下駄を盗んで履く人間になっていた

あれから十年
しあわせだと思うだび 美しいと思うたび
すべて失った日にひきずり戻される」

すごい速さで復興して、日常を取り戻したようにみえる
広島で、いつまでも「だれかに死ねばいいと思われた」
という事実から逃れられずに生きる主人公の皆実。
そして、自分もたくさんの人間を見殺しにしたという思いから
誰かに思われて幸せになることを拒む。
ようやく自分の思いを打ち明けることができたとたんに、
坂を転がるように急速に生きる力が抜けていくラストが
衝撃的。

淡々とした、これ以上も以下もないといった語り口に
本当にこの国で起きた恐ろしい事実を思い知る。
でも恐ろしい、悲しいだけじゃない、妙に心温かくなる作品。
全3話あわせて、間違いなく傑作!5点!
by nanako_6150 | 2007-03-05 11:55 |       か行 22件